東北食べ歩き(セカンドステージ)

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。

東北食べ歩き(セカンドステージ) イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

駅弁

 秋田名物比内地鶏を使用したお弁当 秋田駅で弁当を販売している老舗の駅弁。 写真は、「秋田比内地鶏のいいとこどり弁当」950円です。 内容は、ご覧のとおり ご飯(秋田こまち)、肉そぼろ、比内地鶏煮、ササミフライ、煮物(ぜんまい、がんも、ごぼう)、香の物(
『駅弁 秋田駅 関根屋 秋田比内地鶏のいいとこどり弁当』の画像

 五能線沿線の名産品が食べられるお弁当 秋田駅で弁当を販売している老舗の駅弁。 写真は、「白神浪漫」850円です。 内容は、ご覧のとおり 炊き込みご飯(秋田県産)、ぶなしめじ煮、いくら醤油漬、帆立天、畑のキャビアとんぶり、ハタハタ揚、こごみごま和え、舞茸
『駅弁 秋田駅 関根屋 白神浪漫』の画像

 海の幸たっぷりの駅弁でした。 新青森駅1階で販売されていた駅弁。 写真の「北の彩」1000円です。 内容は、ご覧のとおり 見た目から海の幸たっぷり感がありますね。 左下のご飯部分は、うにとあわびの炊き込みご飯で、海藻にアワビ、うに、飾り包丁が施された蟹
『駅弁 新青森駅 NRE 北の彩』の画像

 東北新幹線、新青森駅開業一周年記念のお祝弁当 新青森駅1階で販売されていた駅弁。 写真は、「青森満載弁当」の1500円でした。 表紙の裏面は「青森旅Map」で、県内の見どころなどの絵地図になっていました。 内容は、ご覧のとおり 上左:煮付け(里芋、人参
『駅弁 新青森駅 幸福の寿し本舗 青森満載弁当』の画像

 三種類の味付けがされた帆立を楽しめました。 新青森駅1階で販売されていた駅弁。 吉田屋さんと言えば、八戸小唄寿司が有名ですが、今回は、写真の「青森むつ湾 ほたて三昧」950円を購入しました。 内容は、ご覧のとおり 写真上の茶色いホタテが「照り焼き」、右
『駅弁 新青森駅 吉田屋 青森むつ湾 ほたて三昧』の画像

 久々に彩り綺麗な駅弁に巡り合いました。 新青森駅1階で販売されていた駅弁。 写真は、「青森 海鮮 ちらし寿司」900円です。 包装紙は、単調なデザインですが、中は彩り綺麗なちらし寿司でした。 内容は、ご覧のとおり 酢飯の上には、錦糸玉子とおぼろ、ほたて
『駅弁 新青森駅 幸福の寿し本舗 青森海鮮ちらし寿司』の画像

 郷土料理の貝焼き味噌などをアレンジした駅弁 創業昭和33年の仕出し店が作る駅弁。 写真は、「津軽料理遺産ばっちゃ御膳」1050円です。 「ばっちゃ」とは、津軽弁でお婆さんという意味。 内容は、ご覧のとおり ご飯の上に敷き詰められているのは、津軽の郷土料
『駅弁 弘前駅 秋田や仕出し店 津軽料理遺産 ばっちゃ御膳』の画像

 小さな3種類のおにぎりが入った駅弁でした。 弘前駅改札前で販売されている駅弁。 写真は、「つがるコンコン弁当」500円です。 弘前市内のお蕎麦屋さんが作っている駅弁のようです。 内容は、ご覧のとおり 写真左下から、いなり揚げ(紅生姜の入ったお米が赤い、
『駅弁 弘前駅 めん房たけや つがるコンコン弁当』の画像

 大館駅の名物として有名なお弁当。 明治32年創業、大館駅前にお店を構える花善の駅弁。 写真は、「鶏めし」850円です。 こちらの駅弁は、秋田県北や弘前市内のスーパー等で販売されている場合があります。 この日は、近くのスーパーで安売りしていたので3割引き
『駅弁 大館駅 花善 大館名物弁当 鶏めし』の画像

 津軽地方の料理イガメンチとほたての素朴なお弁当でした。 弘前駅改札前で販売されていた、イガメンチの入った駅弁。 写真は、「ほたてめしとイカメンチ」600円です。 内容は、ご覧のとおり 写真右下の黒っぽいのがイガメンチで、普通メンチカツはお肉を使用するも
『駅弁 弘前駅 ファーマーズキッチン ほたてめしとイカメンチ』の画像

 地元の料理が入ったおにぎり弁当でした。 弘前駅改札前で販売されていた、お弁当。 写真は、「母っちゃのにぎりまま弁当」850円です。 メインのおにぎりは、赤紫蘇を巻いたものですが、季節により高菜を巻いたおにぎりもあるようです。 内容は、ご覧のとおり 写真
『駅弁 弘前駅 酒菜雪月花 母っちゃのにぎりまま弁当(おにぎり弁当)』の画像

 JRグループ協定旅館ホテル連盟加盟の女将がプロデュースしたお弁当でしょうか。 弘前駅改札横の売店で販売されている、駅弁。 写真は、「津軽の宿・女将弁当」1100円です。 写真の様な状態で、陳列されているので、商品名も見えず一瞬、戸惑ってしまいます。 購
『駅弁 弘前駅 味の伯養軒 津軽の宿・女将弁当』の画像

 定番のとりめしですね。 弘前駅改札横の売店で販売されている、駅弁。 写真は、「とりめし」700円です。 写真は、撮影のため赤い輪ゴムなどは、はずしています。 内容は、ご覧のとおり ご飯は、茶飯、鶏照煮、鶏そぼろ、卵そぼろ、椎茸煮、グリンピース、しば漬け
『駅弁 弘前駅 味の伯養軒 とりめし』の画像

 いなか風の味付けが良い感じのお弁当でした。 弘前駅改札前で販売されている、創業大正十二年の老舗、大和家さんの駅弁。 写真は、「津軽の味 ほたて舞茸」800円です。 写真は、撮影用のため梱包用のピンクの紐をはずしています。 内容は、ご覧のとおり 帆立の田
『駅弁 弘前駅 有限会社大和家 津軽の味 帆立舞茸弁当』の画像

 津軽の味を満載にした、映画のタイトルそのままの駅弁でした。 写真は、創業大正十二年の老舗、大和屋さんの駅弁「津軽百年食堂」800円です。 パッケージの写真は、映画のワンシーンのようですね。 お!、そば処大森食堂・・・、つまり、三忠食堂本店さんが写ってい
『駅弁 弘前駅 有限会社大和家 津軽百年食堂』の画像

 鳴子の米プロジェクトが生んだ米「ゆきむすび」を使用 お米をつくった農家の皆さんの気持ちがこもったお弁当。 写真は、「宮城ろまん街道」800円です。 パッケージは、「ゆきむすび」を作付した皆さんの写真が掲載されています。 作り手の顔が見えるお弁当と言う事
『駅弁 仙台駅 株式会社こばやし 宮城ろまん街道』の画像

 帆立の味が上品な味だとすれば、赤皿貝は下町の濃い目な貝の味 パッケージは、カラフルな赤皿貝をイメージしたデザイン。 内容は、庶民的な炊き込みご飯でした。 写真は、「赤皿貝炊き込み飯 -地元漁師の美味しい味-」1000円です。内容は、ご覧のとおり 赤皿貝
『駅弁 仙台駅 NRE 赤皿貝炊き込み飯 地元漁師の美味しい味』の画像

 仙台の食材を色々使った、幕の内弁当 宮城県食材をいろいろ使ったお弁当でした。 写真は、「幕の内弁当 仙台だより」840円です。 パッケージは、仙台のシンボルけやき並木と仙台弁の解説が書かれています。 ん~、仙台弁・・・、見るとなるほど、と思いますが、使
『駅弁 仙台駅 株式会社こばやし 幕の内弁当 仙台だより』の画像

 仙台のシンボルけやき並木をイメージした綺麗な緑のパッケージ 全体に緑をイメージした、初夏のお弁当でしょうか。 内容も上品な感じでした。 写真は、「風薫る 仙台あおば弁当」1000円です。内容は、ご覧のとおり 茶飯、煮物(南瓜、筍、ごぼう、その他)、豚か
『駅弁 仙台駅 NRE 風薫る 仙台あおば弁当』の画像

 東北新幹線E5系 はやぶさ運行記念の駅弁です。 お弁当のデザインは、みちのく・さくら紀行と題した、東北の主な花見観光地が書かれていますね。 仙台は・・・、やはり榴ヶ岡公園が書かれていました。 さて、写真は、「仙台さくら弁当」1000円です。  春らしい
『駅弁 仙台駅 NRE はやぶさ運行記念 仙台さくら弁当』の画像

↑このページのトップヘ