東北食べ歩き(セカンドステージ)

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。

東北食べ歩き(セカンドステージ) イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

駅弁

 お土産用に東京駅構内で購入した、地方の駅弁2種です。 東京旅行も終り帰るにあたり、晩ご飯用に東京駅構内に入っているお弁当屋さん、駅弁屋祭で地方の駅弁を購入しました。 こちらのお店では、全国の駅弁が取り寄せられているようで、目移りするほどに沢山の種類が並
『駅弁 東京駅 いわき名物うに貝焼き弁当(小名浜美食ホテル)、いくら石狩鮨(石狩鮨本舗)』の画像

 創業明治三八年、大丸東京店地下に期間限定で入っていたお店の弁当です。 楽しい東京旅行もいよいよ終了です。 折角なので、帰りの新幹線内で食べるお弁当を購入するため大丸東京店の地下食品売り場へ行ってみます。 地下食品売り場には、たいめんけんなど有名処の弁当
『東京都 大丸東京店地下で見つけたお弁当 ミニすみだ川 亀戸升本』の画像

 東京駅へ行くたびに購入してしまう駅弁・・・、今回も、しっかり購入しています。 崎陽軒の駅弁は値段が安くて、冷めても美味しいから大好きです。 その中で、チャーハン弁当は、おかずが多目に入った少々お高い方と写真の安い駅弁の2種類あるのですが、私はチャーハン
『駅弁 東京駅 崎陽軒 横浜チャーハン』の画像

 熱々でしっかり焼き目の付いた塩味とまったり濃厚なみそ味の牛たん。 購入した場所は、仙台駅2階の牛たん専門の販売所です。 写真は、「たんや善治郎 塩味・みそ味 牛たんがっつり弁当」1400円です。 たんや善治郎のパッケージデザインは、シンプルですね。 こ
『駅弁 仙台駅 たんや善治郎 塩味・みそ味 牛たんがっつり弁当』の画像

 東京駅へ行ったら、ついつい購入してしまう崎陽軒の駅弁 今回は、ちょっと具材が多目に入っている贅沢な炒飯弁当にしました。 写真は、「崎陽軒 炒飯弁当」830円です。 包装紙のデザインは変わっていません。 内容としては、 ぎゅっと詰められている、パラパラチ
『駅弁 東京駅 崎陽軒炒飯弁当 膳まい(東京南通路店)』の画像

 私にとって沢山の思いが詰まった大好きな駅弁、八戸小唄寿司です。 創業明治25年吉田屋さんの駅弁です。 さて、今回所用で八戸駅近くのビジネスホテルに宿泊、折角なので晩ご飯は八戸駅の駅弁屋さんで購入して駅弁を頂きました。 販売していた駅弁は色々ありましたが
『八戸市 駅弁 八戸駅 小唄寿司本舗吉田屋 八戸小唄寿司』の画像

 一関の松月堂の駅弁です。 岩手県産米と岩手県産牛肉を使用した駅弁でした。 お久し振りの駅弁ネタ掲載です。 写真は、「あぶり焼き牛肉弁当」1050円です。 パッケージは、質素なデザインですね。 さて、内容は写真のとおり ご飯は岩手県産米、茶色の敷き詰めら
『駅弁 盛岡駅 株式会社斎藤松月堂 あぶり焼き 牛肉弁当』の画像

 熱々でしっかり焼き目の付いた塩味の牛たんでした。 購入した場所は、仙台駅2階の牛たん専門の販売所です。 写真は、「たんや善治郎 特上厚切り牛たん弁当」1550円です。 パッケージのデザインは、シンプルですね。 こちらの弁当は、加熱調理機能付きになってお
『駅弁 仙台駅 たんや善治郎 特上厚切り牛たん弁当』の画像

 茶飯に小分けされた何種類ものおかずが嬉しいお弁当でした。 仙台のシンボルけやき並木をデザインした綺麗なパッケージは、以前食べた時のデザインと「あおば」が「青葉」と書きかえられた程度でほぼ同じ。 初夏をイメージした感じで良いですね。 写真は、「風薫る 仙
『駅弁 仙台駅 NRE 風薫る 仙台青葉弁当』の画像

 仙台駅の駅弁で人気の高い女将のおもてなし弁当シリーズの中から今回は宮城松島編です。 日本三景「松島」の女将が監修した駅弁。 写真は、「女将のおもてなし弁当(宮城松島編)」1150円です。 包装紙は、松島五大堂が描かれており以前食べた時と同じデザインでし
『駅弁 仙台駅 NRE 女将のおもてなし弁当(宮城松島編)』の画像

 10個に分割された小部屋に盛り付けられた色とりどりの料理が嬉しいですね。 NREのさくら弁当は年々進化しているようですね。 パッケージのデザインは基本的に昔と同じですが、微妙に変化させているようです。 写真は、「仙台・宮城さくら弁当(桜咲く)」1150
『駅弁 仙台駅 NRE 仙台・宮城 さくら弁当』の画像

 春ならではの駅弁。 株式会社こばやしが販売するお花見弁当は、1500円の「春らんまん」、1100円の「春あかり」、800円の「春だより」の3種類ですが、その中から「春あかり」を購入してみました。 写真は、「お花見弁当 春あかり」1100円です。 パッケ
『駅弁 仙台駅 株式会社こばやし お花見弁当(春あかり)』の画像

 一関のしょう月堂の駅弁です。 一辺が約10cm程度の大きさの小振りな駅弁です。  写真は、「平泉うにごはん」1200円です。 パッケージは、透明な蓋になっているので中をちょとだけ見ることができます。 さて、内容は写真のとおり 岩手県産米のご飯にうえには
『駅弁 盛岡駅 株式会社斎藤松月堂 平泉うにごはん』の画像

 胡麻の名産地である南部地方の料理、南部焼きがメインのお弁当です。 南部地方は、昔から胡麻の生産地であり、料理の素材にごまを付けて焼いたり、ごまの入ったタレに漬け込んでから焼く料理を南部焼きというようですが、豚肉の南部焼きの入った駅弁です。 写真は、「豚
『駅弁 盛岡駅 有限会社あべちう 豚肉の南部焼き弁当』の画像

 奥州・仙台おもてなし集団、伊達武将隊がデザインされた駅弁です。 パッケージを開けると、伊達武将隊のオリジナルシールが入っていました。 写真は、奥州・仙台おもてなし集団「伊達武将隊弁当」1050円です。 パッケージ表面には、青葉城を背景に伊達武将隊10名
『駅弁 仙台駅 株式会社こばやし 伊達武将隊弁当』の画像

 石巻産の小女子めし(舟形の笹包み)は、美味しいですね。 こちらのお弁当は、南三陸石巻の特選品を使用した駅弁のようです。 写真は、「海鮮 常長辨當」1200円です。 パッケージのデザインは、以前(2009年)購入した時と変わっていないようです。 右側に貼ら
『駅弁 仙台駅 伯養軒 海鮮 常長辨當』の画像

 みやぎ三陸黄金街道エリアの食材を使用した小振りな駅弁でした。 宮城県東部太平洋沿岸の気仙沼、南三陸、石巻、女川地方を黄金街道というようですが、そのエリアの食材を使用した駅弁でした。 写真は、「新みやぎ三陸 黄金街道」1100円。 パッケージのデザインは、
『駅弁 仙台駅 株式会社こばやし 新みやぎ三陸 黄金街道』の画像

 宮城・仙台の食材と料理を中心に色々入った駅弁でした。 こちらの弁当は、以前掲載した事がありますが、2015年版は微妙に内容が変更されていました。 それでも、コンセプトとなっている「30品目」の食材が使用されており、体に良さそうな弁当です。 写真は、「仙
『駅弁 仙台駅 NRE 仙台(30品目入り幕の内)冬の宴弁当 (2015)』の画像

 焼売、ビーフン、炒飯と色々入っている中華弁当でした。 東北以南へ旅行に行った妻が買ってきたお土産です。 写真の「肉・エビ 焼売炒飯弁當」 910円です。 パッケージは、中華風の真っ赤なデザインです。 内容は写真のとおり ご飯部分は、鶏挽肉入り玉子炒飯、グ
『駅弁 東京駅 JR東海パッセンジャーズ 焼売炒飯弁當』の画像

 釜石で食べられているワカメの炊き込みご飯「めのこ飯」の入ったお弁当です。 写真は、「SL銀河弁当」1000円です。 パッケージは、蒸気機関車C58、愛称「シゴハチ」が銀河を走っているようなイメージですね。 また、笹を編んだような弁当箱も質感が良いですね
『駅弁 盛岡駅 NRE SL銀河弁当』の画像

↑このページのトップヘ