東北食べ歩き(セカンドステージ)

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。

東北食べ歩き(セカンドステージ) イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

蕎麦

 テレビ等で有名な翁達磨グループのお蕎麦屋さんは、岩手県内では唯一ここだけです。 石臼挽きのお蕎麦が食べられるお店でした。 国道4号南大橋から旧釜石街道(国道396号)に入った手代森付近にあるお店です。 メニューを見ると、「並打ちそば」と「黒打ちそば」の
『盛岡市 天もり二色 石臼挽き手打ちそば 百壱 楠』の画像

 やや太めで硬めの山形風お蕎麦のお店でした。 ゲソ天や太目の蕎麦、そして中華麺と気になるメニューがあったので食べに行ってみました。 まず注文したのは写真の「ゲソ天中華もり」730円です。 お蕎麦は後で相方の注文したお蕎麦を頂くとして、とりあえず中華麺から
『盛岡市 ゲソ天中華もり、天ぷらそば(冷) 蕎麦屋やまぐち』の画像

 創業大正13年の老舗ですが、気軽に入り易く、お安く蕎麦が食べられるお店でした。 盛岡市内、下の橋近くにあるお蕎麦屋さん。 「挽き包み」「さらしな」「だったん」の三種類のお蕎麦を提供しており、好みで選べるのが良いですね。 でも今回は、お初なので三種類全て
『盛岡市 三種(挽き包み、さらしな、だったん)のせいろ、季節のかき揚げ 盛岡裏麺 蕎麦喰い処やまや』の画像

 極太の蕎麦と盛りの良さで人気のあるお店です。 今回一関までドライブしたのは、こちらのお店のお蕎麦がお目当てでした。 そのお蕎麦とは、盛りが良く極太で有名な、昔から昼時には大変混雑する人気のお店。 なので注文は、敢えて大盛りを避けて普通盛りの「天ざる」1
『一関市 天ざる 青葉 直利庵』の画像

 盛岡市内で「わんこそば」を提供する店として有名なお店です。 毎年年越しになると、年越しそば作りで大忙しとテレビに登場する盛岡そばの老舗です。 今回は、蕎麦屋の中華そばを食べてみようかと行ったのですが・・・、先客の天ざるを見たら気が変わってしまいました。
『盛岡市 大天ざる、天ざる 南部・盛岡そば処 もりおか直利庵』の画像

 東北自動車道路で仙台市内に入る前に腹ごしらえです。 5年振りの再訪ですが、メニューがすっかり変わっていました。 その中から選んだのが、写真の「納豆そば」390円です。 泡ぶくぶくの中にたっぷりの納豆が盛り付けられています。 温かい出汁の風味と共に強烈な
『大和町 納豆そば、ミニカレー 鶴巣SA(上り線)』の画像

 作物の豊凶を占う信仰の滝をイメージしたお蕎麦のようです。 西目屋村のパワースポットの一つで、冬に結氷する大きさや形で豊凶を占うという乳穂ヶ滝をイメージしたお蕎麦を頂きました。 3月末までの期間限定の商品です。 写真は、「乳穂ヶ滝(におがたき)そば」70
『西目屋村 期間限定、乳穂ヶ滝そば レストラン森のドア』の画像

 石臼で挽いた蕎麦粉を使用したお蕎麦と炊き込みご飯のセットです。 Beechにしめや内レストラン森ドアと言えば、「津軽ダムカレー」が記憶に新しいところですが、意外とお蕎麦も美味しいので今回は写真の「山菜目屋そばセット」900円にしてみました。 内容は、山
『西目屋村 山菜目屋そばセット レストラン森のドア(Beechにしめや)』の画像

 2006年に廃校となった大川原小学校が「おもしえ学校」というお店になって復活。 新そば祭が開催されているという事で最終日に訪ねてみました。 こちらのお店は、廃校となった小学校を黒石市より買い取り耐震設計を施しながら改修したお店のようです。 田舎の小さな
『黒石市 新そば祭 お山のおもしえ学校(喫茶 職員室)』の画像

 酸ケ湯温泉の施設に併設されている、お蕎麦屋さんです。 十和田湖の紅葉を見るドライブの途中に立ち寄ったお店です。 注文したのは、写真の「酸ケ湯源泉卵そば」650円です。 蕎麦は、蕎麦の実の中心部分だけを製粉したという白っぽく癖の無い上品なお味。 具材は、
『青森市 酸ケ湯源泉卵そば、生姜味噌おでん 鬼面庵(酸ケ湯温泉)』の画像

 弘前公園北門近くにある、そば処つがるらぁめんの看板を掲げているお店です。 つがるらぁめん、蕎麦、丼物を売りにしているお店。 注文したのは、写真の「らぁめんセット(しょうゆ、手打ち、ミニ天丼)」1050円です。 セットは、写真のとおり、らぁめん、ミニ天丼
『弘前市 らぁめんセット、おすすめそばセット 松味屋』の画像

 ドライブの帰り道、小(大)腹が空いたので立ち寄ってみました。 小さななめこが美味しかったですね。 注文したのは、写真の「山菜そば」420円です。 普通に美味しいお蕎麦ですね。 具材は、山菜やなめこ、ねぎなど。 さらりと、美味しいお蕎麦でした。 こちらは
『鹿角市 山菜そば、山菜うどん 花輪SA(下り)』の画像

 出張の朝、朝ごはんを食べに立ち寄るお蕎麦屋さんです。 新青森駅、新幹線改札内にあるので、ちょっと立ち寄るのに便利なお蕎麦屋さんです。 今回注文したのは、写真の「とろろそば」420円。 蕎麦は、ちょっと太めで硬めの食感が良い感じです。 具材は、とろろ、ね
『青森市 とろろそば そば処 ブナの森』の画像

 今回も出張の朝に、朝ごはんを食べに立ち寄ったお蕎麦屋さんです。 新青森駅、新幹線改札内にある、お蕎麦屋さんです。 今回注文したのは、写真の「たぬきそば」340円。 蕎麦は、ちょっと太めで硬めの食感が良い感じです。 具材は、天かす、かまぼこ1枚、ねぎとシ
『青森市 たぬきそば、いなり そば処 ブナの森』の画像

 カツ丼の具材とお蕎麦が合体。 (消費税UP前の記録です。) 東京駅JR東海18・19番ホームを歩いている時に見つけた、風変わりな具材のお蕎麦です。 写真は、「カツ煮そば」550円。  一見、つゆだくのカツ丼のように見えますが、お蕎麦です。 中からお蕎麦を
『東京都 カツ煮そば グル麺(東京駅、JR東海18・19番ホーム)』の画像

仙台駅1階に入っている立ち喰そばのお店です。 立ち喰いそばのお店と言っても、ちゃんとカウンターと椅子もあるので、落ち着いて食べる事ができるお店になっています。 さて、注文したのは写真の「きのこそば」390円です。 蕎麦は、生蕎麦を使用しているという事です
『仙台市 きのこそば そば・うどん萩』の画像

 丁寧な仕事をしている料理屋さんですね。 立派な店構えの寿司割烹味新さんでランチです。 休日のお昼時間を少しはずして行ってみましたが、1階は既に混んでおり、2階のお座敷での食事となりました。 メニューは色々あって目移りしてしまいますが、選んだのは写真の「
『弘前市 蕎麦と蟹丼のセット、お刺身・カツ定食 寿司割烹 味新』の画像

 思いのほか、たっぷり舞茸が入っていました。 朝食として食べたお蕎麦でしたが、たっぷり入った舞茸が良かったですね。 写真は、「まいたけそば」530円です。 お蕎麦は、特筆する部分はありませんが、具材の舞茸の量が凄いですね。 大き目の舞茸天が、数個ごろごろ
『紫波町 まいたけそば 紫波SA(下り)』の画像

 新青森駅2階新幹線改札内にある立喰い蕎麦屋さん お仕事で新幹線を利用したので新青森駅で朝食です。 既にお店お薦めのメニュー3種類は全て食べたので、今回は写真の「めかぶそば」410円にしました。 蕎麦は、ちょっと太めでゴリっとした食感が良いですね。 具材
『青森市 めかぶそば、いなり そば処ブナの森』の画像

 地元西海岸産わかめを使用したお蕎麦でした。 鰺ヶ沢の港近くにある海の駅わんど内に入っているお蕎麦屋さんです。 注文したのは、写真の「わかめそば」420円です。 具材は、地元西海岸産のわかめ、刻み海苔、ねぎ。 この西海岸産のわかめは、三陸産のわかめとは違
『鰺ヶ沢町 わかめそば おそばやさん和(海の駅わんど)』の画像

↑このページのトップヘ