東北食べ歩き

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。 セカンドステージを外しました。

東北食べ歩き イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

背脂

 盛岡市月が丘にあるがっつり煮干しが楽しめるお店。 盛岡市内で煮干しで有名なお店はあまり多くはありませんが、こちらのお店は煮干しスープで有名なお店です。 どちらかと言うと、新津軽系の煮干しスープのようなので楽しみです。 こちらのお店は、駐車場がお店の前に
『盛岡市 背脂煮干そば らーめん人力俥』の画像

 2017年(平成29年)4月1日盛岡市大通りニッカツゴールデンビル1階にオープンした煮干しラーメンのお店。 煮干しラーメンのお店と言う事で気になっていたので入店してみました。 さて、そのお味は如何に・・・。 店内はビル1階通路の奥にあり、- らあめん Ber
『盛岡市 背脂チャーシュー、しんちゃん醤油 に干し屋 SINCHAN』の画像

 イオンモール盛岡南店1階に入っている大勝軒直系の優勝軒です。 今回もお買物の途中、立ち寄ってみました。 前回来た時から微妙にメニューが変わっているようです。 さて、今回はお店の前に立てかけてあったパネルに惹かれて写真の「特製中華そば(並)」750円にし
『盛岡市 特製中華そば(並)、焼餃子 大勝軒直系 優勝軒(盛岡南店)』の画像

 中華そば☆☆と星を2つ書いて、店名を「にぼし」と読ませているお店。 煮干し専門のお店です。 太麺の中華そばが食べたくて再訪してみました。 注文したのは写真の「背脂煮干中華」650円。 麺は、「太麺」「中太麺」「細ストレート」「ちぢれ麺」の4種類から選ぶ
『弘前市 背脂煮干中華、煮干中華 中華そば ☆☆(にぼし)』の画像

 津軽ラーメン街道、10周年記念「ザ・メモリアル・フェスタ」第3弾に行ってきました。 今回のお目当ては、久留米とんこつのラーメン龍の家さんです。 一般的に豚骨は独特な臭みがあるものですが、臭みの無い豚骨スープとは・・・、楽しみです。 さて、注文したのは写
『五所川原市 ごく味煮玉子、純味もやし盛り、替玉 ラーメン龍の家(津軽ラーメン街道内)』の画像

 自然派魚出汁ラーメンを売りにしているお店です。 2008年以来の再訪です。 今回は、お仕事で大館へ行く機会がありましたので、お昼を食べに立ち寄ってみました。 注文したのは、写真の「煮干そば(並)」740円に、「背脂」70円をトッピングしています。 麺は
『大館市 煮干そば(並)、背脂トッピング 孝百(こうはく)』の画像

 背脂の甘みと焼き干しの上品な味が美味しい中華でした。 創業大正12年、津軽郷土料理店大和屋さんの姉妹店がつくる本格中華そば。 注文したのは、「黒醤油中華(手打麺、こってり)」600円です。 麺は、中太で硬めの茹で加減 具材は、味のしみ込んだチャーシュー
『弘前市 紫醤油中華、黒醤油中華 津軽の中華 練屋』の画像

 煮干し風味に、これでもか・・・と背脂の入ったらーめんです。 青森西バイパス沿いにある煮干し中華そばのお店です。 注文したのは、以前気になっていた写真の「鬼あぶら(背脂中華そば)中」600円です。 さて、麺は中太。 具材は、薄くスライスされたチャーシュー
『青森市 鬼あぶら、こいくち、ご飯 中華そば ひらこ屋』の画像

 美味しい煮干しの風味が良かったですね。 青森西バイパス沿いにある煮干し中華そばのお店です。 注文したのは、写真の「せあぶら(背脂中華そば)中」600円です。 麺は中太。 具材は、薄くスライスされたチャーシューが3枚、しなちく、ねぎ。 スープは、一口すす
『青森市 背脂中華そば、煮干し中華そば ひらこ屋』の画像

 想定外にボリュームがあり完食するのが大変でした。 甘いスープのラーメンと牛すじカレーが食べたくて再訪しました。 写真は、「醤油らぁめん」650円。 牛すじカレーも食べたかったので、こちらのお店で一番ボリュームが少ないであろう?ラーメンにしたつもりです。
『弘前市 醤油らぁめん、牛すじカレー丼 らぁめん倉崎』の画像

 濃厚煮干し味の背あぶらガツン系ラーメンでした。 濃厚煮干しと背あぶらのラーメンが食べたくて、なかた屋さんの高田店へ行ってみました。 写真は、「背あぶら濃厚魚介中華(中)」650円 麺は、白っぽく中細ストレートで、硬めの茹で加減、独特なもちもちした食感。
『弘前市 背あぶら濃厚魚介中華、煮干し中華 中華蕎麦 なかた屋(高田店)』の画像

 お店のコンセプトは、懐かしの昭和初期でしょうか。 昭和初期下町食堂の雰囲気を思わせる店内で食す美味しいラーメンでした。 初めてのお店なので最初は、普通の中華そばを食べれば良いものを、何故かこの日はごってり系が食べたくなり、写真の「背脂中華ソバ」680円
『花巻市 背脂中華ソバ、半ライス 二丁目食堂』の画像

 濃厚煮干し味のガツン系ラーメンでした。 濃厚煮干しと背あぶらのラーメンが食べたくて、なかた屋さんへ行ってみました。 写真は、「背あぶら濃厚魚介中華(中)」650円 麺は、中細ストレートで、硬めの茹で加減で独特なもちもちした食感。 具材は、薄くスライスさ
『弘前市 背あぶら濃厚魚介中華 中華そば なかた屋(神田店)』の画像

 出張先で食べた晩御飯です。 東広島へ出張した際に食べに入った居酒風ラーメンのお店です。 注文したのは、お店の名前が付いた「あおぞうラーメン」650円。 麺は、極細ストレートで硬めの茹で加減。 具材は、柔らかい豚バラチャーシュー、しなちく、もやし、青ネギ
『東広島市 あおぞうラーメン、酒の肴 あおぞう』の画像

 岩手県盛岡発祥の元祖ニラ南蛮らーめんが食べられるお店 写真は、「元祖ニラ南蛮らーめん(こってり味)」780円です。 辛みのニラ南蛮は、注文すると別皿で出てきます。 さて、麺は、中太ちぢれで少し硬めの茹で加減。 具材は、チャーシュー、しなちく、もやし、ね
『花巻市 元祖ニラ南蛮らーめん 宝介(花巻店)』の画像

 やはり美味しいですね~、天下一品のラーメン 仙台出張で、お昼何食べようかな~と考えていたら、天下一品の和だしラーメンのイメージが・・・。 そこで、写真は「和だしラーメン」650円。 お腹が空いていたので、「ライス」100円を追加。 茹で卵は、サービス品
『仙台市 和だしラーメンとライス 天下一品(中央通り店)』の画像

 吉成台の素材にこだわったラーメン店 写真は、お店の名前が付いている「ゆきむららーめん」720円です。 醤油らーめんは、醤油あっさりらーめんというメニューもあるので、こちらはこってり醤油らーめんという事になります。 麺は、中太ややちぢれですこし硬めの茹で
『仙台市 ゆきむららーめん こだわりらーめん ゆきむら亭(吉成店)』の画像

[震災当日の晩飯] こってり、コクのあるスープが特徴のお店 お仕事の都合で、また食べに行く事ができましたが、3月11日の震災当日の夕食・・・、仙台の事が・・・そして、家族の事が心配でしたが、一通り連絡が付き、無事を確認。 しかし、テレビでは、ショッキング
『東広島市 ばり濃 新・和歌山らーめん ばり馬(西条中央店)』の画像

(震災前の情報) 天下一品の和だしラーメン美味しいですね。 今回も、写真の「和だしラーメン」650円にしました。 麺は、中細ストレートで硬めの茹で加減。 具材は、チャーシュー、しなちく、海苔、ねぎ。 スープは、はっきりした魚介系ですが、表面の背脂がコクと
『仙台市 和だしラーメンとライス 天下一品(中央通り店)』の画像

 醤油ラーメンと会津地方の名物ソースかつ丼 仙台市内にも出店している、喜多方ラーメンのチェーン店。 2010年8月21日(土)に卸町店がオープンしたので、ちょっと遅れて食べに行ってみました。 写真は、大安自慢の「醤油ラーメン」550円です。 麺は、中太平
『仙台市 喜多方ラーメン 大安食堂(卸町店)』の画像

↑このページのトップヘ