東北食べ歩き

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き写真で記録しています。

東北食べ歩き イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

細麺

 平成24年8月末で卒業するようなので、その前に食べに行ってみました。 ひろがおさんは、東京ラーメンストリートで何度か食べている美味しいらーめん店ですが、五所川原の津軽ラーメン街道という割と近くで食べられるのは嬉しいですね。 でも、今月末で卒業するような
『五所川原市 厚岸あさりそば、塩玉らーめん 塩らーめん専門 ひるがお (津軽ラーメン街道内)』の画像

 ガラ系中華スープが美味しいらあめんでした。 注文したのは、写真の「らあめん」450円です。 麺は、細平ちぢれ。 具材は、チャーシュー、しなちく、ねぎとシンプル。 スープは、豚鶏ガラ系でしょうか、美味しい中華スープでしたね。 らあめんだけでは、食い足りな
『弘前市 らあめん、ライス らぁめん満来』の画像

 古民家風のお店は、店内の良い雰囲気でした。 今回は、古民家風のラーメン屋さんへ行ってみました。 写真は、「中華そば」600円。 麺は、細ちぢれ。 なんか麺の量が他店よりの多いように感じましたね。 具材は、丸チャーシュー、ゆで卵半分、しなちく、ねぎ。 ス
『弘前市 中華そば、ワンタン麺 お食事処 三升屋』の画像

 浪岡にある超~有名店、客足が絶える事が無いお店です。 癖の無い津軽ラーメンと、正統派もやしそばでした。 写真は、「ラーメン」500円。 私は、撮影にフラッシュを使用しないのですが、それでもこの色合い・・・凄い良い感じです。 麺は、細ちぢれでかなり硬めの
『青森市 ラーメン、もやしそば つねた食堂』の画像

 お久し振りに文ちゃんラーメンさんへ 以前は、手打ち中華を食べたので、今回は写真の「中華そば(中)」500円に、「チャーシュー」200円をトッピングしてみました。 麺は、細ちぢれで柔らか目の茹で加減。 具材は、トッピングした大量のチャーシュー、しなちく、
『弘前市 中華そば、おにぎり 文ちゃんラーメン』の画像

 細ちぢれ麺がスープと絡み良い感じですね。 あっさりしたラーメンが食べたくなり、キンタさんへ再訪です。 写真は、「もやしラーメン」750円。 麺は、細ちぢれで硬めの茹で加減、スープと良く絡みます。 具材は、ちょっと硬めに仕上げられたチャーシュー、しなちく
『弘前市 もやしラーメンとおにぎり キンタ』の画像

 弘前の「たかはし中華そば店」と並ぶほどに煮干し味の効いた中華そば ジャンボ焼きそばを売りにしているお店ですが、今回も写真の「中華そば」600円です。 前回、2008年9月28日以来ですので、約3年半ぶりの再訪です。 麺は、細い平ちぢれでスープと良く絡み
『平川市 がっちり煮干し風味の中華そば 味助』の画像

 津軽百年食堂のモデルとなった10店のうちの1店 今回は、天津拉麺が食べたくなり、再訪しました。 写真は、「天津拉麺」700円です。 麺は、自家製麺と書かれていましたが、中細のちぢれで、柔らか目の茹で加減。 具材は、野菜など具だくさんの天津(かにたま)、
『弘前市 天津拉麺とライス(小) 来々軒』の画像

 今度は、お店の名前が付いているラーメンです。 今度は、弘前から仙台まで日帰り出張です。 昼食何食べようかな~と考えていたら、写真のラーメンが浮かんできたので、早速Go 写真は、「とんとんラーメン」950円です。 麺は、細ストレートで硬めの茹で加減。 具
『仙台市 お店の名前が付いた とんとんラーメン』の画像

 あっさりして美味しいラーメンでした。 国分町に以前あった、元祖がんこやラーメンの閉店後に居抜きで入ったラーメン店。 麺匠大黒の系列店のようです。 写真は、「中華そば」600円。 麺は、白っぽい細ストレートで硬めの茹で加減。 具材は、柔らかい豚バラチャー
『仙台市 中華そば、半ライス 麺屋 丸ふじ』の画像

 外観は普通のラーメン店ですが、料理は本格中華のお店。 立地条件と使われている素材が良い事から、値段が高めと言う事は判っていても、時々食べたくなる美味しい中華のお店です。 今回は、以前から気になっていた写真の「えび塩ラーメン」980円にしました。 麺は、
『仙台市 えび塩ラーメン とんとんラーメン』の画像

 ちょっと値段は高めですが、美味しい中華屋さんです。 通常メニューは、若干値段設定がお高いようですが、ランチはお安く食べる事ができます。 今回は、日替わりランチから「A定食(もやしソバ、かに玉、半ライス)」700円にしました。 セット内容は、日替わりなの
『仙台市 日替わりランチからA定食 中華飯店 紅龍(晩翠通り店)』の画像

 こちらのお店は、看板が無くなっていたので閉店したようですので、過去記録としてご覧下さい。 2012年1月末にオープンしたつけ麺が売りのお店 ご近所にオープンしたお店ですが、どんな感じのラーメンか食べに行ってみました。 写真は、「中華そば」550円。 麺
『弘前市 中華そば、醤油つけ麺 麺処 まるみや』の画像

 豪雪に負けて食べ歩きしていなかったのでネタ切れで、しばらくお休みしていましたが、少しだけネタができたので再開です。 またすぐにネタ切れになりそうですが・・・アハ(笑) さて、今月2回目の仙台出張ですが・・・。 お~、仙台は雪こそ無いが、寒いですね。 さ
『仙台市 中華そばに支那竹 末廣ラーメン本舗(仙台駅前分店)』の画像

 屋台営業から店舗を構えた「中華そば マル金」さんへ 今回は、弘前市役所近くにあるマル金さんへ食べに行ってみました。 写真は、「中華そば(普通)」600円です。 こちらのお店のメニューは、中華そばの普通か大盛の2種類のみという、1品勝負のお店でした。 麺
『弘前市 中華そば マル金』の画像

 中華そば1品勝負のお店でした。 写真は、「手打中華」600円。 麺は、細ちぢれ平打ちで柔らか目の茹で加減。 具材は、チャーシュー、しなちく、お麩、ねぎ。 スープは、煮干し出汁で、若干酸味のあるお味でした。 素朴な中華そばという感じで、良かったですね。 
『弘前市 手打中華とおにぎり 文ちゃんラーメン』の画像

 ボリューム感があって美味しいラーメンでした。 今回は、以前メニュー見て気になっていた「広東麺」730円です。 麺は、細ストレートでやや硬めの茹で加減。 具材は、うずらの卵、白菜、人参、いか、海老、豚バラ肉、絹さや、ヤングコーン、筍など。 スープは、豚鶏
『弘前市 広東麺と特みそ くるまやラーメン(城東店)』の画像

 帆立貝柱のかき揚げがのった中華そば 五所川原市に1軒だけ、津軽百年食堂のモデル店。 写真は、「天中華」700円。 麺は、細ちぢれで柔らか目の茹で加減。 具材は、帆立の貝柱が入ったかき揚げ、チャーシュー、しなちく、ねぎ。 スープは、鶏ガラ系でしょうか、し
『五所川原市 天中華となべやきうどん そば処 亀乃家』の画像

 平川市にある津軽百年食堂のモデル店 平川市内で唯一、津軽百年食堂のモデル店となった老舗です。 人気商品は、焼きそばのようですが、それは後で紹介するとして・・・、 写真は、「とろみ好麺」(ハウミャン)780円です。 麺は、細くちぢれた平打ちでスープと良く
『平川市 とろみ好麺とAセット 大十食堂』の画像

↑このページのトップヘ