東北食べ歩き(セカンドステージ)

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。

東北食べ歩き(セカンドステージ) イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

細麺

 津軽ラーメン街道、10周年記念「ザ・メモリアル・フェスタ」第6弾に再訪です。 津軽ラーメン街道10周年記念イベントもいよいよ終盤の第6弾です。 今回のお目当ては、「支那そばや店主 佐野 実 一周忌メモリアルイベント」の週替わりメモリアルらーめんから最終日の
『五所川原市 究極の醤油らぁめん、焦がし醤油らぁめん 支那そばや店主佐野実一周忌メモリアルイベント(津軽ラーメン街道内)』の画像

 肉野菜炒めとラーメンのコラボ・・・、これ、ありですね。 またも、くまっこさんへ晩ご飯を食べに行きました。 今回注文したのは、写真の「肉野菜炒ラーメン(しょうゆ)」800円です。 麺は、細ちぢれで少し硬めの茹で加減。 具材は、キャベツ、もやし、玉葱、人参
『弘前市 肉野菜炒ラーメン 中国家庭料理くまっこ(青山店)』の画像

 白ごまとワカメの風味が良い感じの塩ラーメンですね。 今回の晩御飯は、めん屋北闘馬さんへ再訪です。 注文したのは写真の「はま塩」630円。 麺は、細ちぢれで柔らか目の茹で加減。 具材は、豚バラチャーシュー、しなちく、なると、お麩、ワカメ、ねぎ、白ゴマ。 
『弘前市 はま塩、おにぎり めん屋 北闘馬』の画像

 津軽ラーメン街道、10周年記念「ザ・メモリアル・フェスタ」第5弾の二日目も行ってきました。 今回のお目当ては、博多だるまというお店です。 以前、お仕事で九州博多へ行った時、巨大商業施設キャナルシティ博多センターウォーク5階ラーメンスタジアム内で入った「
『五所川原市 チャーシュー麺、ラーメン煮玉子入り 博多だるま(津軽ラーメン街道内)』の画像

 ダブルスープと自家製麺に拘ったお店のようです。 こちらのお店は、以前味噌らーめんのだるまやさんが入っていたお店に、2014年8月初旬に入ったお店です。 開店早々から気にはなっていたものの、なかなか入る機会がなかったお店でしたが、やっと食べに行く事ができ
『弘前市 煌そば、濃厚煮干し らーめん煌(KIRA)』の画像

 相変わらず、市内は人影がまばらなのにマルカンデパート6階大食堂だけは賑わっていました。 2016年6月7日(火曜日) マルカンデパートは、耐震不適合と老朽化のため閉店しています。 お久し振りに昭和レトロな大食堂へ行ってみました。 注文したのは以前食べたことのあ
『花巻市 タンメン、中華、ソフト マルカンデパート 6階 大食堂』の画像

 じんわり辛さと酸味が美味しいラーメンでした。 以前定食が美味しかったので、今回はラーメンを食べに再訪してみました。 注文したのは、写真の「酢辛麺(サンラーメン)」850円です。 麺は細ちぢれ。 具材は、チンゲン菜、筍、椎茸などの卵でとじた塩あんかけに、
『弘前市 酢辛麺、天津飯セット 中華食堂酒家 豚珍館』の画像

 津軽鉄道嘉瀬駅の近くにあるカウンター5席だけのとても小さなラーメン店 実にシンプルなラーメンを提供するお店でした。 写真は、「醤油ラーメン」680円です。 注文をしてしばらく待っていると厨房から、パシッパシッ・・・、パシパシパシ・・・、バンバンと麺が押
『五所川原市金木町 醤油ラーメン、チャーシューメン 嘉瀬のラーメン家』の画像

 創作ラーメンを売りにする岩手県滝沢市「藍亭」の姉妹店 岩手県滝沢市の「藍亭」本店で修行したご主人が、暖簾分けで開いたお店。 2008年以来、6年ぶりの再訪です。 注文したのはお店の売りである写真の「スタミナラーメン」から最も辛くない「花火」670円です。 
『大館市 スタミナラーメン(花火) 藍亭(大館店)』の画像

 二ツ井町にあったという有名店「ねぎぼうず」の流れを汲むお店です。 所用で大館市を訪ねた時に立ち寄ってみました。 お店の佇まいは、白と黒のツートンカラーで開店当時そのままですね。 お店の一番人気は、味噌らーめんのようですが、注文したのは写真の「中華そば(
『大館市 中華そば(大) + 辛みそ 佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず』の画像

 2014.10初旬にオープンした煮干し中華のお店です。 藤崎町の国道7号線弘前寄りの場所にオープンしたお店です。 どんなお店なのか入ってみました。 暖簾には「中華そば」と書かれているので、煮干し醤油味の中華そばに期待を寄せています。 さて、入店してメニューを見
『藤崎町 中華ネギそば、こっさり醤油ラーメン 麺屋ゴッチ』の画像

 お久し振りに、中華そば1品勝負の文ちゃんラーメンさんへ 今回は、写真の「中華そば(中)」500円。 麺は細ちぢれで、今回は少し硬めの茹で加減で旨い。 具材は、ねぎ、チャーシュー、しなちく、お麩。 スープは、煮干し出汁で、若干酸味のあるお味。 素朴な中華
『弘前市 中華そば(中) 、おにぎり 文ちゃんラーメン』の画像

 五目ラーメンを売りにしている?お店のようです。 お店の壁面に、自慢の一杯「五目ラーメン」と書かれていたので食べてみました。 注文したのは、写真の「五目ラーメン」670円です。 麺は、細ちぢれ。 具材は、うずらの卵、海老、イカ、豚バラ肉、ハム、筍、白菜、
『弘前市 五目ラーメン お食事処えびす』の画像

 熱々でコクのある塩ラーメンは美味しいですね。 弘前駅東口から徒歩5分程度の場所にある支那そば屋さんです。 注文したのは、写真の「はま塩」550円です。 麺は、自家製の細ちぢれ麺。 具材は、なると、しなちく、チャーシュー、ワカメ、白ゴマ、ねぎ。 スープは
『弘前市 はま塩 支那そば 晃や』の画像

 豚鶏ガラ系と煮干し出汁のスープは、あっさりした風味が良い感じのお店でした。 弘前系・正統派ラーメン店と言われているお店です。 注文したのは、写真の「手打ちラーメン」700円です。 麺は、自家製で細平ちぢれ、柔らか目の茹で加減。 具材は、しなちく、チャー
『弘前市 手打ちラーメン、手打ち塩ラーメン、おにぎり 手打中華 緑屋』の画像

 ネット検索していたら、しなちくがとても美味しそうな店を見つけたので食べに行ってみました。 コリコリと美味しいしなちくでした。 注文したのは、写真の「支那竹そば」750円です。 麺は、細ストレートで硬めの茹で加減。 具材は、極太で歯応えの良いしなちく、柔
『盛岡市 支那竹そば、ワンタン麺 中華そば 弥太郎』の画像

 煮干し風味のスープに細ちぢれの麺が美味しかったですね。 以前、味噌ラーメンを食べたお店ですが、メニューの支那そばが気になっていたので再訪してみました。 注文したのは、「支那そば」580円です。 麺は、細ちぢれで少し硬めの茹で加減。 具材は、豚バラチャー
『弘前市 支那そば、支那ワンタン、餃子 めん屋 北闘馬』の画像

 秋田市内官庁街に昔からある、秋田風ちゃんぽんが売りのお店。 1~2ヶ月に1回程度、不定期に秋田市へ所用で出かけているのですが、いつも悩むのがお昼ご飯です。 今回は、ちょっと辛いのが食べたくなり荒磯さんへ行ってみました。 注文したのは、写真の「ピリカララ
『秋田市 ピリカララーメン、荒磯ラーメン(塩) 荒磯』の画像

 支那そばも美味しいけど、おにぎりがでかくて美味しいですね。 お久し振りに、支那そば晃やさんへ行ってみました。 注文したのは、写真の「昔なつかし支那そば」550円です。 麺は、自家製の細ちぢれ麺。 具材は、なると、しなちく、チャーシュー、ねぎ。 スープは
『弘前市 昔なつかし支那そば 支那そば 晃や』の画像

 津軽地方のメニューに意外に多い「カレーラーメン」です。 (消費税UP前の記録です。) 津軽地方の食堂メニューを見ると、カレーラーメンが入っている事が多い。 でも、その内容はお店によって違うようですね。 さて、以前行った事のある、マルヨ食堂さんで「カレーラ
『弘前市 カレーラーメン、半ライス 自家製麺の店 マルヨ食堂』の画像

↑このページのトップヘ