東北食べ歩き

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き写真で記録しています。

東北食べ歩き イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

煮干し

 中華そば☆☆、星2つ書いて、店名を「にぼし」と読ませているお店。 煮干し専門のお店でした。 注文したのは写真の「煮干中華」550円。 麺は、太ちぢれで、もちもちとした食感です。 具材は、チャーシュー、しなちく、ねぎとシンプル。 スープは、煮干しのえぐみ
『弘前市 煮干中華、ごはん 中華そば ☆☆(にぼし)』の画像

 最近始めたツイッターを見ながら、そう言えば「にぼshin弘前店」のあっさりが食べたいな~と思い、食べに行ってみました。 当然注文したのは、写真の「あっさりにぼちゅう」700円に「ねぎ増し」50円追加で、750円です。 麺は、中太ちぢれで硬めの茹で加減。 具
『弘前市 あっさりにぼちゅう にぼ shin 弘前店』の画像

 冷たいけど、しっかり煮干しの風味がするラーメンでした。 以前から気になっていた煮干し味の冷たいラーメンを食べてきました。 写真は、「冷やしラーメン」600円。 麺は、細く冷たくしまった感じ。 具材は、チャーシューが1枚、半熟ゆで卵が半分、黒く味付けされ
『青森市 冷やしラーメン、あっこくラーメン 長尾中華そば(西バイパス本店)』の画像

 中華、蕎麦、丼ものと色々メニューがそろったお店でした。 お昼に立ち寄ったお店です。 メニューを見ると、お蕎麦類とか・・・、中華そばに、丼もの等があり、どれにしようか悩んでいると、目に入ってきたのが写真の「とくだし特煮干中華」680円でした。 良く見ると
『弘前市 とくだし特煮干中華 めん処 香園』の画像

 浪岡駅前にあるメニューの種類が多い食堂です。 沢山メニューがあり、迷ったけれども、結局いつもどおり麺類を選びました。 写真は、「ラーメン」550円。 麺は、自家製麺ということですが、中細平ちぢれで、柔らか目の茹で加減。 具材は、硬めに仕上げられたチャー
『青森市 もやしラーメン、おにぎり 食堂うの』の画像

 濃い目なのに、ほど良く食べ易い煮干し中華でした。 2012.04にオープンした札幌市に本店がある shin の弘前店。 まずは煮干しが食べたいので、写真の「にぼし中華そば」700円にしました。 麺は、中太で硬めの茹で加減。 具材は、豚バラチャーシュー、しなちく、ねぎ
『弘前市 にぼし中華そば にぼ shin 弘前店』の画像

 弘前の「たかはし中華そば店」と並ぶほどに煮干し味の効いた中華そば ジャンボ焼きそばを売りにしているお店ですが、今回も写真の「中華そば」600円です。 前回、2008年9月28日以来ですので、約3年半ぶりの再訪です。 麺は、細い平ちぢれでスープと良く絡み
『平川市 がっちり煮干し風味の中華そば 味助』の画像

 とろり・こってりでインパクトのある煮干しスープ 以前は、津軽ラーメンのあっさりでしたので、今回は、新・津軽ラーメンから写真の「こく煮干し」700円を食べてみました。 麺は、数種類から選ぶことができますが、今回は、「手打麺」にしています。 太さは、中太ス
『青森市 新・津軽ラーメン こく煮干し 長尾中華そば(西バイパス本店)』の画像

 動物系スープとたっぷり魚粉の合わせ技 基本、二種類のスープと二種類の自家製麺を売りにしているお店でした。 写真は、「最高の極煮干し(並)(メンマ増し)」600円+メンマ増し100円の合計700円です。 麺は、太麺と細麺から選ぶ事ができるので、太麺(大波
『弘前市 最高の極煮干し 〇鐵二代目』の画像

 あっさりして美味しいラーメンでした。 国分町に以前あった、元祖がんこやラーメンの閉店後に居抜きで入ったラーメン店。 麺匠大黒の系列店のようです。 写真は、「中華そば」600円。 麺は、白っぽい細ストレートで硬めの茹で加減。 具材は、柔らかい豚バラチャー
『仙台市 中華そば、半ライス 麺屋 丸ふじ』の画像

 濃い~煮干しの代表格 これ以上、濃く出来ないのではと思うほど、濃い~煮干しスープのお店です。 約3年半ぶりの再訪ですが、相変わらず店内は凄い煮干しの香りです。 さて、今回も写真の「チャーシューメン」950円をオーダー。 麺は、少しゴワゴワ感のある中太で
『弘前市 チャーシューメンと中華そば たかはし中華そば店』の画像

 チャーシューに特徴があるお店 ビロ~ン・・・と、特徴的なチャーシューが食べたくて行ってみました。 写真は、「にぼし中華」550円、「半ライス」100円です。 麺は、中細でややちぢれた麺。 具材は、特徴的な豚バラチャーシュー、しなちく、ねぎ。 スープは、
『弘前市 にぼし中華 げんこつ屋』の画像

 つけそば専門店のつけ麺と、煮干しそば こちらのお店は、つけ麺専門店ですが、店前の「煮干しそば」という張り紙に惹かれて入店。 写真は、「煮干しそば(大盛)」700円。 麺は、自家製で太目、やや硬めの茹で加減。 具材は、豚バラチャーシュー6枚、しなちく、ね
『青森市 煮干しそばとミックストッピング つけそば なりや』の画像

 魚介系スープですが、食べ易いお味でした。 写真は、「煮干中華」650円に、「味玉」100円をトッピングしました。 麺は、太ストレートでもちもちした食感です。 具材は、薄くやや硬めのチャーシュー、しなちく、ねぎと、トッピングの味玉。 スープは、表面に浮い
『弘前市 煮干中華、支那そば 中華そば あらや(弘前店)』の画像

 癖の無い、煮干し系津軽ラーメンの美味しいお店 3年振りに行ってみましたが、美味しさは健在でしたね。 写真は、「太麺醤油」500円です。 麺は、自家製の中太ちぢれでちょっと硬めの茹で加減。 具材は、柔らかく味のある豚バラチャーシュー、しなちく、海苔、ねぎ
『弘前市 太麺醤油とおにぎり 中華そばマル真』の画像

 濃厚な煮干しスープに魚粉も入った濃厚煮干しスープのお店 ご近所さんに、濃厚な煮干しラーメンのお店があるという事で食べに行ってみました。 写真は、「コクにぼし(並)」650円です。 麺は、細麺と太麺から選べるという事で、細麺を選んでいます。 その麺は、中
『弘前市 コクにぼし、特選煮干 中華そば 八助』の画像

 やはり美味しいですね~、天下一品のラーメン 仙台出張で、お昼何食べようかな~と考えていたら、天下一品の和だしラーメンのイメージが・・・。 そこで、写真は「和だしラーメン」650円。 お腹が空いていたので、「ライス」100円を追加。 茹で卵は、サービス品
『仙台市 和だしラーメンとライス 天下一品(中央通り店)』の画像

 癖の少ないあっさり系の、煮干しらーめん きつ過ぎない、煮干し風味があっさり感を出しているスープ。 写真は、「津軽らーめん(煮干し)」600円+トッピング「味玉」50円です。 麺は、中細でややちぢれています。 具材は、トッピングの味玉、チャーシュー、ホウ
『五所川原市 津軽らーめん(煮干し) らーめん津軽』の画像

 ほど良い煮干し風味が美味しい中華そばでした。 写真は、「津軽ラーメン(あっさり)大盛 手打麺」550円+大盛100円の650円です。 麺は、数種類からチョイスできるので、今回は手打ち麺を選択、中太のちぢれ麺でもっちりした食感。 具材は、チャーシュー、し
『青森市 津軽ラーメン 長尾中華そば(西バイパス本店)』の画像

 観光地お台場にある、とんこつラーメンのお店 写真は、「焼鉄煮干とんこつ麺」750円です。 焼いた鉄が入っているので、写真のように一部沸騰した状態で出てきました。 さて、内容ですが、麺は中細。 具材は、焼き煮干し、チャーシュー、半熟煮玉子、しなちく、梅干
『東京都 焼鉄煮干とんこつ麺ほか よってこや(お台場デックス東京ビーチ店)』の画像

↑このページのトップヘ