東北食べ歩き

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。 セカンドステージを外しました。

東北食べ歩き イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

煮干し

 自然派魚出汁ラーメンを売りにしているお店です。 2008年以来の再訪です。 今回は、お仕事で大館へ行く機会がありましたので、お昼を食べに立ち寄ってみました。 注文したのは、写真の「煮干そば(並)」740円に、「背脂」70円をトッピングしています。 麺は
『大館市 煮干そば(並)、背脂トッピング 孝百(こうはく)』の画像

 極限まで濃厚煮干しに拘ったお店のようです。 煮干しに拘ったラーメンがどんなものか食べに行ってみました。 注文したのは、写真の「デス煮干し(濃厚煮干豚骨)」780円です。 麺は、やや色白で中太ストレート。 具材は、チャーシュー、煮卵半分、しなちく、お麩、
『青森市 デス煮干し(濃厚煮干豚骨) 麺や ゼットン(絶豚)』の画像

 コンビニで販売されている、青森の有名店が監修したラーメンです。 サンクスで、青森市で有名な長尾中華そばのラーメンが販売されているという事で食べてみました。 写真は、「長尾中華そば 冷やし煮干しラーメン」450円です。 期間限定で販売されているようです。 
『サークルKサンクスの「長尾中華そば 冷やし煮干しラーメン」』の画像

 雑味の無い美味しい煮干しスープのラーメンでした。 五所川原ELMショッピングセンター近くにある、あっさり煮干しラーメンのお店です。 注文したのは、写真の「チャーシューめん」800円です。 青森県産の「ネバリゴシ」を使用した特注品の麺は、中細ややちぢれで
『五所川原市 チャーシューめん、しょうゆらーめん 丸山らーめん』の画像

 豚鶏ガラ系と煮干し出汁のスープは、あっさりした風味が良い感じのお店でした。 弘前系・正統派ラーメン店と言われているお店です。 注文したのは、写真の「手打ちラーメン」700円です。 麺は、自家製で細平ちぢれ、柔らか目の茹で加減。 具材は、しなちく、チャー
『弘前市 手打ちラーメン、手打ち塩ラーメン、おにぎり 手打中華 緑屋』の画像

 煮干し風味のスープに細ちぢれの麺が美味しかったですね。 以前、味噌ラーメンを食べたお店ですが、メニューの支那そばが気になっていたので再訪してみました。 注文したのは、「支那そば」580円です。 麺は、細ちぢれで少し硬めの茹で加減。 具材は、豚バラチャー
『弘前市 支那そば、支那ワンタン、餃子 めん屋 北闘馬』の画像

 つがる市木造駅前にある津軽百年食堂モデル店の1軒 相変わらず木造駅前で、昼時にお客さんが途切れる事無く入っているお店でした。 写真は、「中華そば(大盛)」500円+大盛150円です。 麺は、中太のややちぢれで柔らか目の茹で加減。 具材は、チャーシュー、
『つがる市 中華そば(大盛) 神武食堂』の画像

 がっつり煮干し系が売りのお店です。 しばらくご無沙汰していた、にぼshinさんですが、機会があり食べに行ってみました。 注文したのは、以前も食べたことのある写真の「にぼちゅう(並)」730円です。 麺は、中太ややちぢれで硬めの茹で加減。 もっちりした食
『弘前市 にぼちゅう(並)、つけめん(並) にぼshin(弘前店)』の画像

 青森駅からほど近い場所にある、自家製麺と煮干し専門のお店。 青森市の市場へ乾物を買いに行ったついでに立ち寄ったお店です。 と言うか、ラーメン店の方が目的だったりして・・・。  注文したのは、写真の「荒煮干しそば」650円です。 拘りの自家製麺は、中太でも
『青森市 荒煮干しそば、平打ち煮干しそば 煮干し中華専門店 つじ製麺所』の画像

 弘前の繁華街、鍛冶町で19時から営業をはじめるラーメン屋さんです。 普段飲み歩く事の無い私が、鍛冶町に立ち寄る事が無いので、なかなか行き難いお店ですが、鍛冶町で飲む機会(職場の歓迎会)があったので立ち寄ってみました。 注文したのは、写真の「中華そば」6
『弘前市 中華そば ラーメン しぶたに』の画像

 青森市にある有名店へ、朝ラーを食べに行ってみました。 たまには、朝ラーを食べに青森まで、朝からドライブです。 注文したのは、写真の「津軽ラーメン(あっさり、手打麺)」550円です。 麺は、数種類からチョイスできるので、今回も手打ち麺を選択。 中太のちぢ
『青森市 津軽ラーメン(あっさり、手打麺)(つけだし、中太麺) 長尾中華そば(西バイパス本店)』の画像

 臭みが無く、しっかり味がする良い仕上がりの煮干し中華でした。 煮干し味の和風中華を売りにしているお店でした。 注文したのは、「和風中華」600円、トッピングの「煮玉子」100円です。 お味は、基本が濃い口のようで、注文時に「あっさり味」もありますよ・・
『弘前市 和風中華、酸辛麺 中華そば たく味』の画像

 がっつり煮干系を売りにしているお店でした。 秋田市までドライブの帰りに立ち寄ったラーメン屋さんです。 大館市から北秋田市寄りの国道沿いにあるあ店。 注文したのは、写真の「肉煮干しそば(並)」850円です。 麺は、中太ストレートでアルデンテのような硬めの
『大館市 肉煮干しそば、煮干しそば 煮干中華 あさり』の画像

 煮干し風味に、これでもか・・・と背脂の入ったらーめんです。 青森西バイパス沿いにある煮干し中華そばのお店です。 注文したのは、以前気になっていた写真の「鬼あぶら(背脂中華そば)中」600円です。 さて、麺は中太。 具材は、薄くスライスされたチャーシュー
『青森市 鬼あぶら、こいくち、ご飯 中華そば ひらこ屋』の画像

 濃い~煮干しが旨いですね。 煮干しを売りにしている中華そばのあらやさんへ行ってみました。 注文したのは、店長お勧めの「こいくち煮干」700円です。 麺は、中太ちぢれ。 具材は、チャーシュー、しなちく、ねぎ。 スープは豚骨ベースの超~こいくち煮干し味で、
『弘前市 こいくち煮干、支那そば 中華そば あらや(弘前店)』の画像

 外観は暖簾が無ければ民家と間違うようなお店でした。 40年以上営業している中華そばがお安く美味しいお店です。 注文したのは、「中華そば」380円です。 麺は、中太ちぢれで少し硬めの茹で加減。 具材は、2mm程度の厚さがあるチャーシューが2枚、しなちく、大
『五所川原市 中華そば、カレーライス 藤田食堂』の画像

 十文字ラーメンがベースになっている支那そばのようですね。 秋田駅近くにある秋田市民市場内に入っているお店です。 市場でのお買い物ついでに立ち寄ってみました。 以前は、横手市十文字で有名な十文字ラーメン三角として営業していた場所ですが、独自の麺を使用した
『秋田市 しょうゆ(並)、ねぎ 支那そば 伊藤(秋田市民市場内)』の画像

 青森市浪岡の名店、つねた食堂です。 今回は、所用で浪岡へ行く用事があったので、つねた食堂へ立ち寄ってみました。 注文したのは、写真の「もやしそば」600円です。 麺は、細ちぢれでかなり硬めの茹で加減 具材は、やや甘味を感じられる餡に絡まれた大量のもやし
『青森市 もやしそば、ラーメン、小ライス つねた食堂』の画像

 美味しい煮干しの風味が良かったですね。 青森西バイパス沿いにある煮干し中華そばのお店です。 注文したのは、写真の「せあぶら(背脂中華そば)中」600円です。 麺は中太。 具材は、薄くスライスされたチャーシューが3枚、しなちく、ねぎ。 スープは、一口すす
『青森市 背脂中華そば、煮干し中華そば ひらこ屋』の画像

 五所川原市内にある、煮干し中華のお店でした。 五所川原市内の津軽ラーメン街道で食べるのも良いですが、たまには地元のお店で食べたくなり「まるみそば店」へ行ってみました。 ちょっと暗い感じの店内に入ると、壁にメニューが貼られています。 メニューの種類として
『五所川原市 手打中華そば細麺と太麺 まるみそば店』の画像

↑このページのトップヘ