東北食べ歩き(セカンドステージ)

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。

東北食べ歩き(セカンドステージ) イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

極太

 自家製麺で、勝負してますね~!! 具材は、いらない・・・麺で勝負だ。 などと勇ましくはありませんが、純粋に麺とスープを楽しむ事が出来る、「もり」が500円で味わえました。 写真は、「つけ麺(もり)醤油味」525円です。 具材の一切ない、シンプルな品です
『仙台市 つけ麺(もり)醤油味 めん家竹治郎』の画像

 創業八十余年、四代のおかみさんが受け継ぐラーメンの味 初代おかみさんが中国人から教わったというラーメン。 店名からはラーメン店とは思えませんが、会津若松では人気のお店です。 以前食べ行った時より、駐車場が拡充され、駐車しやすくなっていました。 写真は、
『会津若松市 手打チャーシューメン 牛乳屋食堂』の画像

 白山だだちゃ豆を練り込んだ特製麺を使用したお店 こだわりの麺とホルモンが美味しいお店でした。 写真は、「ホルモンめん」です。 麺は、中細。 具材は、ホルモン、しなちく、海苔、もやし、ニラ、ねぎ。味玉は別料金のトッピングです。 スープは、とんこつですが、
『仙台市 ホルモンめん とんこつ つるおか家(本店)』の画像

 支那そば屋のガッツリラーメンとは・・・ 流行を追わず、脂にも頼らないスープ作り。鳥・豚・野菜を生かした繊細なスープを売りにしているお店。 以前、支那そばを食べたとき、サラリと食べられる醤油の印象が強いお店ですが、今回は、写真の「魚介ガッツリラーメン」を
『東京都 魚介ガッツリラーメン 支那そば きび』の画像

 背脂・魚介系、4種類の麺を操る、麺工房 写真は、「味玉のりラーメン(極太麺)」です。 麺は、極太・中華・尾道・尾道細麺の4種類から選べのようです。 今回は、メニューに無かったのですが、お願いして極太麺にしました。 極太麺は、うどん程の太さで食感大満足で
『仙台市 極太尾道ラーメン 麺工房きわみや』の画像

↑このページのトップヘ