東北食べ歩き(セカンドステージ)

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。

東北食べ歩き(セカンドステージ) イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

支那そば

 魚介系スープですが、食べ易いお味でした。 写真は、「煮干中華」650円に、「味玉」100円をトッピングしました。 麺は、太ストレートでもちもちした食感です。 具材は、薄くやや硬めのチャーシュー、しなちく、ねぎと、トッピングの味玉。 スープは、表面に浮い
『弘前市 煮干中華、支那そば 中華そば あらや(弘前店)』の画像

 自家製麺と素材に拘ったスープのお店 煮干し風味の美味しい支那そばでした。 写真は、「昔なつかし支那そばワンタン」650円です。 麺は、自家製の細ちぢれ麺。 具材は、なると、つるつるのワンタン、しなちく、チャーシュー、ねぎ。 スープは、鳥取産煮干し、青森
『弘前市 昔なつかし支那そばワンタン 支那そば 晃や』の画像

 自家製麺を使用した、特製支那そばのお店 写真は、「手打ち特製支那そば」750円です。 麺は、下の写真をご覧下さい。具材は柔らかいチャーシュー3枚、なると、絹さや、ゆで卵のスライス1枚、しなちく、ねぎ。 スープは、見た目ほど濃くはなく、すっきりとしたお味
『仙台市 手打ち特製支那そば 幸福』の画像

 トヨタ・セリカ(リフトバック)の暦が未だに貼られている独特な雰囲気の店内 とうがらしラーメンの屋台ラーメンよしだ屋、平野店です。 写真は、「とうがらしラーメン」です。 駅前のお店同様に見た目のインパクトはありますが、マイルドな辛さで美味しいラーメンです
『福島市 とうがらしラーメン 屋台ラーメンよしだ屋(平野店)』の画像

 見た目びっくり、でも美味しい唐辛子ラーメンのお店 写真は、「とうがらしラーメン」です。 見た目のインパクトはありますが、食べてみるとマイルドな辛さで美味しいラーメンです。 麺は、自家製麺の細ちぢれ麺で硬茹で。 具材は、しなちく、チャーシュー、なると、海
『福島市 とんがらしラーメンと支那そば 屋台ラーメンよしだ屋(栄町店)』の画像

 夜だけ営業、辛味噌ラーメンの有名店 前回は、辛味噌ラーメンを食べたので、今回は「支那そば」です。 麺は、中細で硬茹で。 具材で、チャーシュー、しなちく、なると、海苔、ねぎ。 スープは、少しとろみを感じる魚介系醤油味。 コクのある美味しい支那そばでした。
『仙台市 辛味噌ラーメン 麺処 壱萬屋』の画像

 豚鶏魚介、懐かしい味の支那そば 東京駅八重洲地下街では奥の方に位置する場所にある、くじら軒。 有名店の一つに入るお店。 写真は、「支那そば」です。 スープは、豚鶏魚介系の濃い口醤油味。麺は、極細ストレートの硬茹で。 具材は、シンプルに、チャーシュー、し
『東京都 支那そば くじら軒(八重洲地下街店)』の画像

 ラーメンを中心とした各種メニューがそろったチェーン店 写真は、「季節(冬)の広東麺」です。 麺は、中太の卵麺。スープは、鶏ベースの醤油味でしょうか。具材は、うずらの卵、豚バラ、椎茸、エビ、イカ、白菜、銀杏などのあんかけでした。 全体として、味のまとまり
『金ヶ崎町 季節(冬)の広東麺 八珍亭(金ヶ崎店)』の画像

 昔の味支那そば本格派を売りについてる、老舗 鳳園の本店 仙台市の繁華街から少し離れた場所で、営業している老舗の中華飯店。 写真は、注文したらサービスで出てきた、「サービス品の冷奴」です。 絹ごし豆腐に生姜、鰹節、ねぎを載せ、醤油が少しかけられています。
『仙台市 昔の味支那そば本格派 中華飯店 鳳園』の画像

 仙台で元祖支那そばを看板に掲げるお店 麺のメニューは「支那そば」の一点勝負。 その他のメニューはお酒のつまみになりそうなものが数点あるだけでした。 隣に天下一番が営業していますが、常連客が多いのか、店内には多数のお客さんがいました。 すっきり澄んだスー
『仙台市 支那そば 元祖 支那そば家』の画像

↑このページのトップヘ