東北食べ歩き(セカンドステージ)

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。

東北食べ歩き(セカンドステージ) イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

太麺

 動物系スープとたっぷり魚粉の合わせ技 基本、二種類のスープと二種類の自家製麺を売りにしているお店でした。 写真は、「最高の極煮干し(並)(メンマ増し)」600円+メンマ増し100円の合計700円です。 麺は、太麺と細麺から選ぶ事ができるので、太麺(大波
『弘前市 最高の極煮干し 〇鐵二代目』の画像

 黒石市内で味噌ラーメンが美味しいお店 今回は、お仕事で黒石方面へ。 黒石市内のどこかでお昼にしましょうか・・・、と言ったら、ラーメン大将に案内されました。 ほ~・・・、黒石市は「つゆ焼きそば」が有名ですが、地元の方にとっては、ラーメン大将がお勧めという
『黒石市 ミソメンマラーメン、おにぎり ラーメン大将』の画像

 つけそば専門店のつけ麺と、煮干しそば こちらのお店は、つけ麺専門店ですが、店前の「煮干しそば」という張り紙に惹かれて入店。 写真は、「煮干しそば(大盛)」700円。 麺は、自家製で太目、やや硬めの茹で加減。 具材は、豚バラチャーシュー6枚、しなちく、ね
『青森市 煮干しそばとミックストッピング つけそば なりや』の画像

 普通に美味しいラーメンなのに、人気店のようですね。 お店の前を通ると、いつもお客さんのいるお店。 写真は、「手打ラーメン」650円。 麺が細いラーメンもあるようですが、今回は手打ち太麺にしてみました。 麺は、太くちぢれて硬めの茹で加減。 具材は、豚バラ
『弘前市 手打ラーメンと味噌ラーメン キンタ』の画像

 ボリューム感があって美味しいラーメンでした。 今回は、以前メニュー見て気になっていた「広東麺」730円です。 麺は、細ストレートでやや硬めの茹で加減。 具材は、うずらの卵、白菜、人参、いか、海老、豚バラ肉、絹さや、ヤングコーン、筍など。 スープは、豚鶏
『弘前市 広東麺と特みそ くるまやラーメン(城東店)』の画像

 本場札幌ラーメン専門のお店 黒石市内で味噌ラーメンが美味しいと評判のお店のようです。 写真は、「大将スペシャルラーメン」1000円。 麺は、太く黄色くもっちもちとした食感。 具材は、厚さは薄いものの、どんぶりをはみ出すほどに盛り付けられた大ぶりのチャー
『黒石市 大将スペシャルラーメン ラーメン大将』の画像

 魚介系スープですが、食べ易いお味でした。 写真は、「煮干中華」650円に、「味玉」100円をトッピングしました。 麺は、太ストレートでもちもちした食感です。 具材は、薄くやや硬めのチャーシュー、しなちく、ねぎと、トッピングの味玉。 スープは、表面に浮い
『弘前市 煮干中華、支那そば 中華そば あらや(弘前店)』の画像

 癖の無い、煮干し系津軽ラーメンの美味しいお店 3年振りに行ってみましたが、美味しさは健在でしたね。 写真は、「太麺醤油」500円です。 麺は、自家製の中太ちぢれでちょっと硬めの茹で加減。 具材は、柔らかく味のある豚バラチャーシュー、しなちく、海苔、ねぎ
『弘前市 太麺醤油とおにぎり 中華そばマル真』の画像

 ほど良い煮干し風味が美味しい中華そばでした。 写真は、「津軽ラーメン(あっさり)大盛 手打麺」550円+大盛100円の650円です。 麺は、数種類からチョイスできるので、今回は手打ち麺を選択、中太のちぢれ麺でもっちりした食感。 具材は、チャーシュー、し
『青森市 津軽ラーメン 長尾中華そば(西バイパス本店)』の画像

 くるまやラーメンのイメージが変わる、メニュー豊富なお店 写真は、「焼干しょうゆラーメンセット」800円です。 焼干しょうゆラーメンと半チャーハンがセットになったメニューです。 ラーメンの麺は、細ストレート。 具材は、チャーシュー、穂先メンマ、ワカメ、な
『弘前市 焼干しょうゆラーメンセットほか くるまやラーメン(城東店)』の画像

 こちらのお店は、リニューアルで入替になっていましたので、過去記録としてご覧下さい。 東京ラーメンストリート内で、喜多方らーめんを出すお店 東京ラーメンストリート、2011.4.8から4店舗追加されバージョンアップされていたので、今回は、麺や七彩さんへ食
『東京都 喜多方らーめん(醤油) 麺や 七彩』の画像

 お得なセットメニューの多いお店 写真は、「みそ半天津飯セット」680円です。 セットは、写真の味噌ラーメンとミニ天津飯。 写真の味噌ラーメンは、普通盛りになっています。 麺は、極太ちぢれでもちもちした食感です。 具材は、もゆし、きくらげ、しなちく、チャ
『仙台市 みそ半天津飯セット 熊っ子ラーメン(二日町店)』の画像

(震災前の情報) 網地島の郷土料理「雲丹みそ」を使用したらーめん 写真は、こちらのお店で一番人気の「雲丹味噌らーめん」840円です。 写真のアワビの貝に入っているのが、雲丹味噌です。 麺は、太麺でもちもちした食感。 具材は、大き目のしなちく、もやし、白髪
『富谷町 雲丹味噌らーめんほか らーめん工房 網地島屋(富谷本店)』の画像

 独特の平打ち麺と干し貝柱の風味が良い感じの塩つけ麺 東京ラーメンストリートにある塩らーめん専門のお店 写真は、「塩玉つけ麺」900円です。 麺は、独特の薄くグレーのような色をした平打ち太麺、ボリューム感があります。 具材は、味付き玉子1個に海老が1個の
『東京都 塩玉つけ麺 塩らーめん専門 ひるがお』の画像

 B-1グランプリでPR中のなみえ焼きそば 町おこしの新たな資源として売り出し中の「なみえ焼きそば」 極太麺を特徴とする、その焼きそばのお味は・・・。 写真は、「なみえ焼きそば、のり汁付き」700円です。 麺は、極太(太めのもやしより、太い)で他に類を見
『浪江町 B級グルメ なみえ焼きそば お食事処どんどこ』の画像

 ラーメン二郎を目指しつくられた、豪快ならーめん 写真が、このお店の看板商品「豪ーめん」730円です。 さすが、ラーメン二郎を目標にしているだけあって、瀑盛になっていますね。 麺は、太ちぢれ麺で少し硬めの茹で加減。 具材は、もやしを中心とした各種野菜、柔
『塩釜市 豪めんと中華そば ニラなんばんらーめん 香麺』の画像

 サッポロラーメンを売りにしているお店のみそラーメン 写真は、「みそラーメン」480円です。 麺は、中太ちぢれの黄色い玉子麺。 具材は、チャーシュー、しなちく、海藻、もやし、ねぎ。 スープは、少し濃い目の味噌味で、いつも通りの美味しさです。 入口に貼られ
『仙台市 みそラーメン 熊っ子ラーメン(二日町店)』の画像

 喜多方ラーメン系の中華そば屋さん 肉そばの美味しいお店なので、前回と同じ写真の「肉そば」にしました。 麺は、平打ち・ちぢれ太麺。 具材は、一面敷き詰められたチャーシュー、中央にしなちく、ねぎです。 スープは、割としっかりした味付けの醤油味でした。ちなみ
『仙台市 肉そばと冷やかけ中華そば 中華そば専門 田中そば店』の画像

 仙台っ子流濃厚こだわりスープ 写真は、「仙台っ子らーめん」です。 麺は、太麺と細麺が選べるという事で、太麺にしています。 具材は、チャーシュー、青物、海苔、ねぎです。 スープが特徴的で、仙台っ子独特の濃厚でコクのある醤油味。特に表面に浮いている脂は甘み
『仙台市 仙台っ子らーめん らーめん堂仙台っ子(仙台駅前名掛丁店)』の画像

 お安く腹一杯になる昭和屋セット 白濁した豚骨系スープのお店です。 メニューを見たら、一押しセットに「昭和屋セット」があったので注文しました。 写真は、セットの「醤油らーめん・こってり・太麺」です。 麺は、太麺と細麺から選べるようなので、太麺にしました。
『仙台市 こってり・あっさり醤油らーめん らーめん昭和屋(扇町店)』の画像

↑このページのトップヘ