東北食べ歩き

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。 セカンドステージを外しました。

東北食べ歩き イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

天ぷら

 自然豊かなアウトドアゾーンのレストランで食す、白神そばです。 今年(2014年)10月11日に開通した、津軽ダム付け替え道路沿いに目屋ダム美山湖の紅葉を見ながら、暗門の滝入口にあるアクアビレッジANMONに行ってみました。 店舗入り口にお勧めメニューが掲示されていた
『西目屋村 白神舞茸天ざる、炊き込みご飯、りんごソフトクリーム アクアグリーンビレッジ ANMON』の画像

 弘前公園北門近くにある、そば処つがるらぁめんの看板を掲げているお店です。 つがるらぁめん、蕎麦、丼物を売りにしているお店。 注文したのは、写真の「らぁめんセット(しょうゆ、手打ち、ミニ天丼)」1050円です。 セットは、写真のとおり、らぁめん、ミニ天丼
『弘前市 らぁめんセット、おすすめそばセット 松味屋』の画像

 うどん版のカツカレーですね。 結構スパイシーなカレーが特徴のうどん版カツカレーでした。 イオン秋田3階フードコートに入っているうどん屋さんです。 今回注文したのは、店頭の写真に惹かれて「豚カツカレーうどん(並)」580円です。 うどんは、コシがありもっ
『秋田市 豚カツカレーうどん、温玉カレーうどん、ほか 瀬戸うどん(イオン秋田店)』の画像

 思いのほか、たっぷり舞茸が入っていました。 朝食として食べたお蕎麦でしたが、たっぷり入った舞茸が良かったですね。 写真は、「まいたけそば」530円です。 お蕎麦は、特筆する部分はありませんが、具材の舞茸の量が凄いですね。 大き目の舞茸天が、数個ごろごろ
『紫波町 まいたけそば 紫波SA(下り)』の画像

 どこで食べようか、悩んだら丸亀製麺さんへ 新しいメニューがあったので、早速食べてみました。 写真は、「肉玉あんかけ(並)」480円です。 麺は、讃岐うどん特有のコシの強いうどんです。 具材は、甘辛く仕上げられたバラ肉とあんかけ溶き卵。 ふわふわ卵が良い
『弘前市 肉玉あんかけ、ぶっかけ、いなり、ほか 丸亀製麺(弘前店)』の画像

 暑い日が続いているある日、冷かけうどんでも食べようかな~と、丸亀製麺さんへ 店内へ入って、行列に並んでいるうちに・・・、だんだん気が変わって、結局注文したのは、写真の「カレーうどん(大)」480円。 麺は、いつもの喉越しの良い讃岐うどん。 具材は、カレー
『弘前市 カレーうどん、冷かけきつねおろし、ほか 丸亀製麺(弘前店)』の画像

 ちょっとカーナビが無いとたどり着けないような山の中にあるお蕎麦屋さん 正に自然の中で食すお蕎麦は、実に美味しかったです。 写真は、「天ぶらせいろ」1400円から、基本の二八蕎麦を十割蕎麦に変更し200円アップ、更に大盛200円アップにしているので、合計
『弘前市 天ぷらせいろ、万作ご膳 手打ち蕎麦処 自然房 万作庵』の画像

 今年も丸亀製麺さんで冷たいうどんがでたので食べに行きました。 丸亀製麺さんは、相変わらず讃岐うどんのコシと喉越しが良いうどんですね。 今回注文したのは写真の、「牛しゃぶみぞれぶっかけ(並)」480円です。 麺は、いつもの喉越しの良い讃岐うどん。 具材は
『弘前市 牛しゃぶみぞれぶっかけ、黄金カレイ天、ほか 丸亀製麺(弘前店)』の画像

 前回食べたお蕎麦が美味しかったので、再訪です。 今度は、天ぷら付きにしました。 写真は、「天ざる」1000円。 セットは、ざるそば、天ぷら、薬味(万能ねぎ、わさび)、蕎麦湯。 お蕎麦は細目、星が少なめでさらりとしたお味で、風味良いですね。 並み盛りです
『弘前市 天ざる めん処 香園』の画像

 外ヶ浜町蟹田の「蟹としろうお祭り」最終日も食べに行きました。 今年最後のしろうおを食すべく祭り最終日に再訪です。 今回は、相方を連れて色々食べてみました。 まず、写真は「フルコース」2000円です。 フルコースのセットは、しろうおの天ぷら、しろうおの卵
『外ヶ浜町 フルコース、しろうおソバ、ガニ汁 蟹田川食文化研究会 かにた川』の画像

 丸亀製麺さんで肉ごぼうが復活していたので食べに行きました。 丸亀製麺さんは、相変わらず讃岐うどんのコシと喉越しの良いうどんですね。 今回注文したのは写真の、「肉ごぼうぶっかけ(大)」580円です。 麺は、いつもの喉越しの良い讃岐うどん。 具材は、すき焼
『弘前市 肉ごぼうぶっかけ、明太釜玉、ほか 丸亀製麺(弘前店)』の画像

 津軽蕎麦ではなく、冷たい普通のお蕎麦が食べたくて、菊富士さんへ行ってみました。 前日お酒を飲み過ぎて、あっさりした食事がしたくお蕎麦屋さんへ 写真は、「トロロざる」(大盛)600円+大盛150円増しです。 セットは、蕎麦、とろろ、香の物(白菜の浅漬け)
『弘前市 トロロざる、天ザルとろろ丼セット 創作そば処 菊富士(イトーヨーカドー弘前店)』の画像

 これも期間限定品なのでしょうか。 お久し振りに丸亀製麺さんのうどんを食べに行ってみました。 入口にあったポスターが目にとまり、牛肉しぐれの入ったうどんを注文。 写真は、「牛肉しぐれとろ玉(大)」630円です。 さて、うどんはコシのあるつるつるした麺です
『弘前市 牛肉しぐれとろ玉、とろ玉、ほか 丸亀製麺(弘前店)』の画像

 この秋から新メニューとして期間限定で登場している肉汁つけうどんを食べてみました。 写真は、「肉汁つけうどん(大)」580円です。 注文し、商品が出てきてから・・・、あっ、やってしまった。 そもそも、普通盛りでも1.5倍の量だった事を忘れていました。 と
『弘前市 肉汁つけうどん、かけうどんほか 丸亀製麺(弘前店)』の画像

 ちょっと立ち寄ったら新メニューがあったので食べてみました。 写真は、新メニュー3品の中から選んだ、「いかゲソ天そば」350円です。 なんとなく、いかゲソ天は、噛むと味があって、美味しいですよね。 大き目のゲソ天が入っていて美味しかったですね。 新メニュ
『仙台市 いかゲソ天そば そば・うどん萩』の画像

 弘前公園の桜まつりが開催されました。 そこで、映画「津軽百年食堂」に登場した三忠食堂さんの屋台へ食べに行ってみました。 注文したのは、写真の「津軽そば天ぷら入り」580円です。 麺は、煮置きという、蕎麦がき作りから、大豆粉をつなぎに使うなど、超~独特な
『弘前市 津軽そば天ぷら入り 三忠食堂(弘前公園 桜まつり 屋台)』の画像

 弘前ねばり腰うどんのお店。 讃岐うどんが売りのようですが、蕎麦やらーめんもあるお店でした。 注文したのは、そのお店の味付けが判りやすい「肉うどん(中)」370円です。 麺は、讃岐と言うなら、もう少しコシが強くても良いかもしれません。 また、肉は強めに甘
『弘前市 肉うどん、ぶっかけうどん うどんゃ一番(本店)』の画像

 ちょっと高級な和風ファミリーレストラン的なお店 大きな海老天がのったびっくり天丼があるお店。  写真は、「照焼重なめこそばセット」1155円に、そば大盛にしてプラス315円でした。 セットは、鶏肉の照焼がのった重箱となめこ蕎麦、香の物。 なめこ蕎麦は、
『弘前市 照焼重なめこそばセット、そば定食 日本料理 藤陣(とうじん)』の画像

 気軽に郷土料理が味わえるお店 土手町通りから、ちょっと路地に入ったところにある創作郷土料理のお店。 写真は、郷土御膳から「津軽の夜御膳」2200円です。 セットは、帆立貝焼味噌、けの汁、刺身、小鉢(おから)、白飯、漬物、帆立と山菜の天ぷら、津軽漬、ミニ
『弘前市 津軽の夜御膳ほか 創作郷土料理 菊富士(本店)』の画像

 温泉旅館のお楽しみは、一に温泉、二に食事でしょう。 今回の宿泊は、食べ放題のビュッフェコースにしました。 この食べ放題・・・という点が、部屋食には無い醍醐味ですね・・・とか、訳の判らない事を考えつつ・・・早速、2階宮城野の間へ お~~、実に広いお部屋で
『仙台市 伝承千年の宿 佐勘の夕食ビュッフェ』の画像

↑このページのトップヘ