東北食べ歩き(セカンドステージ)

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。

東北食べ歩き(セカンドステージ) イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

 食べ応えのある「エビわんたん」でした。 この「エビわんたん」食べ応えがあり、美味しい。 写真は、「魚ダシ醤油味の全部入り」です。 麺は、細目で茹で加減は硬め。 スープは、豚鶏ガラベースと魚介系の醤油味ですが、魚介系の風味は強くありません。 具材は、全部
『仙台市 魚ダシ醤油味の全部入り、あっさり塩味の全部入り らーめん本竈(ホンカマド)』の画像

 奥松島産 自然塩使用 自家製麺のお店 防腐剤や着色料を使用しない自家製麺と、牡蠣を売りにしているお店。 写真は、「かきラーメン」です。 麺は、中太ストレートで、茹で加減は柔らかめ、もちもちとした食感があります。 スープは醤油ベースで、広東麺風の味付け、
『東松島市 かきラーメン かき道楽』の画像

 こちらのお店は、閉店していましたので、過去記事としてご覧ください。 馬肉を売りにしている食堂 お店には、「当店自慢、馬肉シリーズ『馬肉定食』『馬肉ラーメン』『馬肉うどん』」の張り紙がありますが、今回は馬肉ラーメンを食べました。 スープは、醤油ベース。 
『大館市 馬肉ラーメン、五目ラーメン お食事処 善』の画像

 「毎日でも食べられるラーメン」「体に良い物」をコンセプトに掲げているお店 お店で配布している資料によると、コンセプトにあるとおり、化学調味料・添加物を使用していないご主人こだわりのラーメン。 注文した品は、写真上「醤油(並)」と写真下「塩(中)」です。
『能代市 麺屋 もと』の画像

 テーマは、「ラーメンルネッサンス」 五所川原街づくり株式会社が、青森におけるラーメン文化の新しい時代の幕開けとして、その使命と決意を込めて、「ラーメンルネッサンス」をテーマとし、全国有力ラーメンのフードテーマパークとして開設した、「津軽ラーメン街道」。
『五所川原市 ラーメンアミューズメント 津軽ラーメン街道』の画像

 秋田風ちゃんぽん?のお店。 個性的なラーメンを提供する荒磯。 チャンポン系の具材ですが、コクのある海鮮ラーメンが特徴です。 スープは、味噌、塩、醤油の三種類あり、味により具材が微妙に違います。 ちなみに、写真は、「塩味」です。メニューは、味噌、塩、醤油
『秋田市 秋田風チャンポン 荒磯』の画像

↑このページのトップヘ