東北食べ歩き(セカンドステージ)

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。

東北食べ歩き(セカンドステージ) イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

仙台駅

 熱々でしっかり焼き目の付いた塩味とまったり濃厚なみそ味の牛たん。 購入した場所は、仙台駅2階の牛たん専門の販売所です。 写真は、「たんや善治郎 塩味・みそ味 牛たんがっつり弁当」1400円です。 たんや善治郎のパッケージデザインは、シンプルですね。 こ
『駅弁 仙台駅 たんや善治郎 塩味・みそ味 牛たんがっつり弁当』の画像

 茶飯に小分けされた何種類ものおかずが嬉しいお弁当でした。 仙台のシンボルけやき並木をデザインした綺麗なパッケージは、以前食べた時のデザインと「あおば」が「青葉」と書きかえられた程度でほぼ同じ。 初夏をイメージした感じで良いですね。 写真は、「風薫る 仙
『駅弁 仙台駅 NRE 風薫る 仙台青葉弁当』の画像

 仙台駅の駅弁で人気の高い女将のおもてなし弁当シリーズの中から今回は宮城松島編です。 日本三景「松島」の女将が監修した駅弁。 写真は、「女将のおもてなし弁当(宮城松島編)」1150円です。 包装紙は、松島五大堂が描かれており以前食べた時と同じデザインでし
『駅弁 仙台駅 NRE 女将のおもてなし弁当(宮城松島編)』の画像

 10個に分割された小部屋に盛り付けられた色とりどりの料理が嬉しいですね。 NREのさくら弁当は年々進化しているようですね。 パッケージのデザインは基本的に昔と同じですが、微妙に変化させているようです。 写真は、「仙台・宮城さくら弁当(桜咲く)」1150
『駅弁 仙台駅 NRE 仙台・宮城 さくら弁当』の画像

 春ならではの駅弁。 株式会社こばやしが販売するお花見弁当は、1500円の「春らんまん」、1100円の「春あかり」、800円の「春だより」の3種類ですが、その中から「春あかり」を購入してみました。 写真は、「お花見弁当 春あかり」1100円です。 パッケ
『駅弁 仙台駅 株式会社こばやし お花見弁当(春あかり)』の画像

 奥州・仙台おもてなし集団、伊達武将隊がデザインされた駅弁です。 パッケージを開けると、伊達武将隊のオリジナルシールが入っていました。 写真は、奥州・仙台おもてなし集団「伊達武将隊弁当」1050円です。 パッケージ表面には、青葉城を背景に伊達武将隊10名
『駅弁 仙台駅 株式会社こばやし 伊達武将隊弁当』の画像

 石巻産の小女子めし(舟形の笹包み)は、美味しいですね。 こちらのお弁当は、南三陸石巻の特選品を使用した駅弁のようです。 写真は、「海鮮 常長辨當」1200円です。 パッケージのデザインは、以前(2009年)購入した時と変わっていないようです。 右側に貼ら
『駅弁 仙台駅 伯養軒 海鮮 常長辨當』の画像

 みやぎ三陸黄金街道エリアの食材を使用した小振りな駅弁でした。 宮城県東部太平洋沿岸の気仙沼、南三陸、石巻、女川地方を黄金街道というようですが、そのエリアの食材を使用した駅弁でした。 写真は、「新みやぎ三陸 黄金街道」1100円。 パッケージのデザインは、
『駅弁 仙台駅 株式会社こばやし 新みやぎ三陸 黄金街道』の画像

 宮城・仙台の食材と料理を中心に色々入った駅弁でした。 こちらの弁当は、以前掲載した事がありますが、2015年版は微妙に内容が変更されていました。 それでも、コンセプトとなっている「30品目」の食材が使用されており、体に良さそうな弁当です。 写真は、「仙
『駅弁 仙台駅 NRE 仙台(30品目入り幕の内)冬の宴弁当 (2015)』の画像

 値段の割に柔らかく美味しい牛たん弁当でした。 仙台駅2階中央(在来線)改札口に向かって左手にある、牛たん弁当専門のお店で購入した駅弁です。 写真は、「伊達の牛たん本舗 牛たん弁当(塩味)」1230円です。 まず、やや大き目のパッケージは加熱機能付きです
『駅弁 仙台駅 伊達の牛たん本舗 牛たん弁当(塩味) 仙台名物牛たん駅弁屋』の画像

 慶長遣欧使節出帆400年記念の駅弁 支倉常長にちなんだ豪華駅弁でした。 写真は、「針路は東 支倉常長弁当」1050円です。 パッケージには、凛々しい常長が描かれています。 弁当の内容は、写真のとおり 献立については、下の写真を参照願います。 お味は、仙台
『駅弁 仙台駅 こばやし 針路は東 支倉常長弁当』の画像

 値段相応に美味しい、芯たんを使用した牛たん弁当でした。 仙台駅2階ある、牛たん駅弁屋さんで購入した高級牛たん弁当です。 写真は、「利久 牛たん弁当」1680円です。 まず、写真では大きさが伝わり難いですが、弁当箱が値段相応に大きいですね。 パッケージには
『駅弁 仙台駅 利久 牛たん弁当』の画像

 発熱ユニットであったかアツアツが食べられるお弁当でした。 仙台名物の牛たんと牛すきの入った駅弁です。 写真は、「仙台 牛ぎゅう詰め弁当」1200円。 パッケージの写真は、実際の内容とはだいぶ違いようです。 こちらの駅弁は、発熱ユニットが入っており、写真
『駅弁 仙台駅 NRE 仙台牛ぎゅう詰め弁当』の画像

 宮城・仙台の食材と料理を中心に色々入った駅弁でした。 なんど・・・、30品目も入っている体に良さそうな弁当です。 写真は、「仙台 冬の宴弁当」1100円です。 パッケージのデザインは、毎年12月頃に開催されている、SENDAI 光のページェントですね。 点灯式
『駅弁 仙台駅 NRE 仙台(30品目入り幕の内)冬の宴弁当 (2013)』の画像

 三種類の牛たんが楽しめる駅弁でした。 写真は、「牛たん三彩」950円 パッケージの三種類の牛たんに惹かれ購入してみました。 内容は、写真のとおり 国産のお米を使用したご飯のうえに、味噌味の牛たん、塩焼きの牛たん、牛たんそぼろがのっています。 それと、彩
『駅弁 仙台駅 伯養軒 牛たん三彩』の画像

 宮城県産、秋の味覚を詰め込んだ駅弁でした。 写真は、「みやぎ 秋の吹き寄せ弁当」850円 舞茸、しいたけ、はたけしめじと秋の味覚満載のお弁当ですね。 さて、その駅弁の内容ですが 無農薬・無肥料のもち米「みやこがね」を使用したご飯のうえに、紅鮭漬焼、椎茸煮
『駅弁 仙台駅 NRE みやぎ 秋の吹き寄せ弁当』の画像

 ぷりぷりしたいくらが美味しい駅弁でした。 写真は、「宮城 海の輝き 紅鮭はらこめし」1000円。 見た目から美味しそうだったので購入してみました。 さて、その駅弁の内容ですが 宮城県産ひとめぼれを使用した鮭風味飯、いくら醤油漬、紅鮭漬け焼、大根味噌漬けで
『駅弁 仙台駅 NRE 宮城海の輝き 紅鮭はらこめし』の画像

 見た目から贅沢な感じがする駅弁ですね。 写真は、「ちょっとで贅沢 うにめし」1100円です。 「うにめし」というストレートなネーミングで購入してしまいました。 その弁当の内容ですが ご飯は、うに、椎茸等が入ったうにご飯、表面には、写真のようにたっぷりのう
『駅弁 仙台駅 NRE ちょっとで贅沢 うにめし』の画像

 金と銀に2種類の味付けが楽しめる、小ぶりな駅弁。 今回も仙台出張の帰りに駅弁を購入。 購入したのは、写真の「金と銀のさんま寿司」900円です。 パッケージには、三陸土産と書かれていますが、購入したのは仙台駅です。 右下に「協力/㈱斉吉商店」と書かれてい
『駅弁 仙台駅 NRE 金と銀のさんま寿司』の画像

 東北六県の美味しいものを集めたお弁当でした。 写真は、「東北福興弁当」1050円です。 パッケージは、東北六県の観光名所がデザインされています。 同封されている説明書きによると、東北六県のこだわりの素材・献立をふんだんに盛り込み、福興祈念の「幕の内弁当
『駅弁 仙台駅 NRE 東北福興弁当』の画像

↑このページのトップヘ