東北食べ歩き

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。 セカンドステージを外しました。

東北食べ歩き イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

中太

 弘前アップルロード沿いにある食堂です。 西目屋村に遊びに行く途中で立ち寄った食堂です。 注文したのは、写真の「野菜炒め定食」650円です。 セットは、野菜炒め、ご飯、お味噌汁、小鉢(マカロニサラダ)、香の物です。 ご飯は、大盛りで、お味噌汁の具材は、ワ
『弘前市 野菜炒め定食、味噌カレー牛乳ラーメン アップル食堂』の画像

 弘前公園北門近くにある、そば処つがるらぁめんの看板を掲げているお店です。 つがるらぁめん、蕎麦、丼物を売りにしているお店。 注文したのは、写真の「らぁめんセット(しょうゆ、手打ち、ミニ天丼)」1050円です。 セットは、写真のとおり、らぁめん、ミニ天丼
『弘前市 らぁめんセット、おすすめそばセット 松味屋』の画像

 最初から食べ終わりまで熱々状態が続く味噌ラーメンでした。 猫舌の方は、要注意の熱々ラーメンです。 弘前市内で味噌ラーメンが美味しいと有名なお店。 もっと早く行ってみたかったのですが、やっと今回食べに行く事ができました。 注文したのは、写真の「手打みそラ
『弘前市 手打みそラーメン、みそラーメン みそラーメンの店 峰』の画像

 つがる市木造駅前にある津軽百年食堂モデル店の1軒 相変わらず木造駅前で、昼時にお客さんが途切れる事無く入っているお店でした。 写真は、「中華そば(大盛)」500円+大盛150円です。 麺は、中太のややちぢれで柔らか目の茹で加減。 具材は、チャーシュー、
『つがる市 中華そば(大盛) 神武食堂』の画像

 元祖鉄鍋らーめんのお店です。 味噌らーめんが美味しいお店なので、今回も注文したのは、写真の「焼肉らーめん」750円です。 麺は、中太ストレートで、むにゅ・むにゅした独特の食感です。 具材は、もやし中心ですが、焼き肉風のチャーシューが多数入っています。 
『北上市 焼肉らーめん、餃子 南部らーめん』の画像

 がっつり煮干し系が売りのお店です。 しばらくご無沙汰していた、にぼshinさんですが、機会があり食べに行ってみました。 注文したのは、以前も食べたことのある写真の「にぼちゅう(並)」730円です。 麺は、中太ややちぢれで硬めの茹で加減。 もっちりした食
『弘前市 にぼちゅう(並)、つけめん(並) にぼshin(弘前店)』の画像

 青森駅からほど近い場所にある、自家製麺と煮干し専門のお店。 青森市の市場へ乾物を買いに行ったついでに立ち寄ったお店です。 と言うか、ラーメン店の方が目的だったりして・・・。  注文したのは、写真の「荒煮干しそば」650円です。 拘りの自家製麺は、中太でも
『青森市 荒煮干しそば、平打ち煮干しそば 煮干し中華専門店 つじ製麺所』の画像

 濃厚な味噌味が美味しいラーメンでした。 注文したのは、写真の「みそ味玉コーン」800円です。 麺は、中太。 具材は、味玉1個、しなちく、豚バラチャーシュー、コーン、もやし、白菜、キャベツ、長葱、万能ねぎ、白ゴマなど。 スープは、濃厚な味噌味で、どんぶり
『弘前市 みそ味玉コーン めん屋 北闘馬』の画像

 青森市にある有名店へ、朝ラーを食べに行ってみました。 たまには、朝ラーを食べに青森まで、朝からドライブです。 注文したのは、写真の「津軽ラーメン(あっさり、手打麺)」550円です。 麺は、数種類からチョイスできるので、今回も手打ち麺を選択。 中太のちぢ
『青森市 津軽ラーメン(あっさり、手打麺)(つけだし、中太麺) 長尾中華そば(西バイパス本店)』の画像

 呉市のご当地ラーメン、呉冷麺を食べてみました。 出張の最大の楽しみは、御当地料理を食べること・・・ですね。 今回食べたご当地料理が、写真の「呉冷麺」650円です。  呉冷麺は、某有名店があるのですが、連日閉店だったため、こちらのお店にお邪魔する事になり
『呉市 呉冷麺 くれ星製麺屋』の画像

 津軽百年食堂モデル店の1軒です。 以前、津軽百年食堂のモデル店全10軒を制覇するときに食べに入った事のあるお店です。 平川地区では、極太麺の焼きそばをテイクアウトするお客さんが見られますが、こちらのお店も同様に焼きそばテイクアウトが多いお店のようです。
『平川市 中華そば、焼きそば、おにぎり 大十食堂』の画像

 こってり・どっしりコクのある黒とんこつでした。 ドライブ途中に立ち寄った味噌を売りにしている、らーめん家さんです。 写真は、お店超おすする「極上黒とんこつ」750円です。 麺は、中太やや縮れ。 具材は、大きめでとても柔らかい豚バラチャーシュー2枚、しな
『大館市 極上黒とんこつ、味噌とんこつらーめん 斎藤みそ家』の画像

 期間限定、肉中華そばのチラシを見て食べに行ってみました。 特製ダレで煮込んだ豚肉の旨味がスープに溶け込んで美味しいお味になっていました。 写真は、期間限定「肉中華そば」619円です。 単品で619円は、幸楽苑では高額なメニューになりますね。  さて、麺
『弘前市 肉中華そば、中華そば、ギョーザ 幸楽苑(弘前城東店)』の画像

 白神山地の玄関口、西目屋村にあるレストランです。 色々気になる料理がありますが、今回はまだ食べていない料理から写真の「チャーシューメン」700円にしてみました。 さて、麺は中太やや硬めの茹で加減。 具材は、厚さ2ミリ程度で硬めに仕上げられたチャーシュー
『西目屋村 チャーシューメン レストラン森のドア』の画像

 2009.11月以来、4年ぶりの再訪です。 相変わらず、お世辞にも綺麗とは言えない味のある店舗で営業していました。 注文したのは、写真の「手打中華メンマ入り」700円です。 麺は、中太平打ちで柔らか目の茹で加減。 具材は、チャーシュー、大量のしなちく、
『弘前市 手打中華、手打中華メンマ入り 手打中華 おおむら』の画像

 背脂の甘みと焼き干しの上品な味が美味しい中華でした。 創業大正12年、津軽郷土料理店大和屋さんの姉妹店がつくる本格中華そば。 注文したのは、「黒醤油中華(手打麺、こってり)」600円です。 麺は、中太で硬めの茹で加減 具材は、味のしみ込んだチャーシュー
『弘前市 紫醤油中華、黒醤油中華 津軽の中華 練屋』の画像

 岩手山の麓近くにあるサービスエリアです。 天気が良ければ綺麗な岩手山を見る事ができるサービスエリアです。 今回食べたのは、スナックコーナーで写真の「みそらーめん」680円です。 麺は、中太でややちぢれ。 具材は、もやし、キャベツ、コーン、きくらげ、チャ
『八幡平市 みそらーめん 岩手山SA(下り)』の画像

 外観は暖簾が無ければ民家と間違うようなお店でした。 40年以上営業している中華そばがお安く美味しいお店です。 注文したのは、「中華そば」380円です。 麺は、中太ちぢれで少し硬めの茹で加減。 具材は、2mm程度の厚さがあるチャーシューが2枚、しなちく、大
『五所川原市 中華そば、カレーライス 藤田食堂』の画像

 2013.11月にオープンした拘り中華そばのお店のようです。 開店早々は、味がこなれていない事が多いので、1ヶ月ほど経過してから行ってみました。 メニューを見ると、限定30食の塩中華そばと中華そばの2種類ですが、塩中華そばは売り切れになっていたので、写真の「中
『弘前市 中華そば、ごはん 中華そば屋 おお田』の画像

 これで、手軽にリンガーハットのちゃんぽんが食べられますね。 全国に約500店舗を展開する長崎ちゃんぽんのお店が弘前にキターーー。 今年10月にリンガーハットのちゃんぽんが食べたくて、下田までドライブしたものですが、これで手軽に食べられるようになりました
『弘前市 長崎ちゃんぽん、海鮮とくちゃんぽん リンガーハット(弘前ヒロロ店)』の画像

↑このページのトップヘ