東北食べ歩き

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。 セカンドステージを外しました。

東北食べ歩き イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

ワンタン

 コクのある塩ラーメンで美味しいですね。 写真は、「はま塩ワンタン」650円です。 麺は、自家製の細ちぢれ麺。 具材は、なると、つるつるのワンタン、しなちく、チャーシュー、ワカメ、白ゴマ、ねぎ。 スープは、鳥取産煮干し、青森県産焼き干し、北海道の利尻昆布
『弘前市 はま塩ワンタン 支那そば 晃や』の画像

 自家製麺と素材に拘ったスープのお店 煮干し風味の美味しい支那そばでした。 写真は、「昔なつかし支那そばワンタン」650円です。 麺は、自家製の細ちぢれ麺。 具材は、なると、つるつるのワンタン、しなちく、チャーシュー、ねぎ。 スープは、鳥取産煮干し、青森
『弘前市 昔なつかし支那そばワンタン 支那そば 晃や』の画像

 今回は、あんかけ炒飯です。 写真は、「五目あんかけ炒飯」730円です。 具材は、エビ、イカ、きくらげ、うずらの玉子、各種野菜など、玉子スープも付いて、美味しかったですよ。 こちらは、「五目ワンタン麺」780円です。 麺は、下の写真をご覧ください。 具材
『花巻市 五目あんかけ炒飯と五目ワンタン麺 中華料理 萬寿山』の画像

 優しいスープと美味しいワンタンです。 こちらのお店の一番人気は、ワンタンメンでしょうか? 雑誌などでは、全てワンタンメンが紹介されています。 写真は、その「ワンタンメン」750円です。 麺は、中細ストレートで柔らか目の茹で加減。(麺固めの注文は出来ない
『仙台市 ワンタンとチャーシューメン 中華そば富士屋(仙台店)』の画像

 ボリューム感と丸鶏スープの美味しさ 写真は、「ねぎラーメン(みそ味)」850円です。 麺は、中太ストレートで少し硬めの茹で加減。具材は、写真のように大量に入ったねぎ、もやし、豚バラ肉など。 スープは、辛いながらも、味噌の風味がはっきりしています。食べ進
『多賀城市 ねぎラーメンとワンタンメン ラーメンいちばん家』の画像

 さらりと食べられる昔懐かしの中華そば 写真は、「メンマ中華」です。 麺は、細ストレートで色白です。 スープは、大量の豚のゲンコツを使っている割に、脂少なめであっさりしている醤油味。 具材は、大量のメンマ(しなちく)、脂身が無く硬いチャーシュー、ねぎでし
『仙台市 メンマ中華とワンタン麺 志のぶ支店』の画像

 ワンタンメンで有名な、老舗の手もみラーメン店 写真は、「ワンタンメン」です。 麺は、2種類以上の小麦粉をブレンドして作った自家製麺で、細手もみ(ちぢれ)麺。 具材は、チャーシュー、しなちく、なると、ワンタン、ねぎです。 スープは、さらりとしながらも少し
『仙台市 手もみラーメン 八千代軒(蒲町店)』の画像

 2011.03.11 東日本大震災の影響より、閉店していました。仙台駅前ロフトの地下にあるラーメン店 写真は、「塩ネギラーメン」です。 麺は、中細。具材は、各種野菜、豚肉、たっぷりの長ネギでした。 スープは、塩味というより、野菜の風味が強い塩タンメンのような味で、
『仙台市 塩ネギラーメンとワンタンメン ラーメンアオバ』の画像

 支那蕎麦が売りのお店 東京の有名店が仙台に2号店を出したとして有名なお店。 支那蕎麦を売りにしていると言うことなので、食べ行きました。 写真は、「支那そば」です。 麺は、細めのちぢれで、硬茹で。 スープは、鳥豚のスープですが、微妙に色んな味が混じってい
『仙台市 支那蕎麦 有限会社ちばき屋仙台店』の画像

 看板が無いのに有名なラーメン店 猪苗代湖から会津若松市に向かう、国道沿いにある看板の無い、というより暖簾が無ければ到底ラーメン店とは思えない構えで、地元では超~有名店の「古川農園」。 写真は、「手打ちワンタンメン」です。 麺は、実に不揃いのちぢれ、とい
『会津若松市 手打ちワンタンメン、手打ち肉そば 古川農園(看板の無いラーメン店)』の画像

 創業昭和七年、元祖冷しラーメンのお店。 山形独特の食文化として、花開いた「冷しラーメン」。 温かいラーメンを冷たくして食べるという発想を昭和初期に考案したのは素晴らしい。 写真は、「冷しワンタンメン」です。 麺は、こだわりがあるようで、太目の麺を熟成し
『山形市 冷しワンタンメン、冷しラーメン 元祖 山形 冷しラーメン 栄屋本店』の画像

↑このページのトップヘ