東北食べ歩き

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。 セカンドステージを外しました。

東北食べ歩き イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

ライス

 津軽百年食堂のモデルとなった10店のうちの1店 今回は写真の、「蝦仁拉麺」(エビラーメン)700円です。 麺は、中細ちぢれです。 具材は、沢山の海老、各種野菜ときくらげ等と具だくさん。 スープは、コクのある塩味で、美味しかったですね。 こちらは、「ライ
『弘前市 蝦仁拉麺(エビラーメン)、ライス(小) 来々軒』の画像

 中華そば☆☆、星2つ書いて、店名を「にぼし」と読ませているお店。 煮干し専門のお店でした。 注文したのは写真の「煮干中華」550円。 麺は、太ちぢれで、もちもちとした食感です。 具材は、チャーシュー、しなちく、ねぎとシンプル。 スープは、煮干しのえぐみ
『弘前市 煮干中華、ごはん 中華そば ☆☆(にぼし)』の画像

 全国チェーンの山岡家さんで食事です。 全国チェーンのお店は、安定した味を提供しているので、ある意味安心して食べられますね。 さて、山岡家さんで食べるのは仙台に住んでいた頃以来、お久し振りです。 注文したのは、写真の「特製味噌ネギラーメン」790円。 麺
『弘前市 特製味噌ネギラーメン、半ライス 山岡家(弘前店)』の画像

 津軽百年食堂のモデルとなった10店のうちの1店 今回は写真の、「広東拉麺」650円です。 麺は、自家製麺と書かれており中細のちぢれ。 具材は、豚バラ肉、白菜、玉葱、筍、青物、人参、きくらげ、うずらの卵、ねぎ。 スープは、醤油ベースの中華スープに具材の餡
『弘前市 広東拉麺、ライス(小) 来々軒』の画像

 ガラ系中華スープが美味しいらあめんでした。 注文したのは、写真の「らあめん」450円です。 麺は、細平ちぢれ。 具材は、チャーシュー、しなちく、ねぎとシンプル。 スープは、豚鶏ガラ系でしょうか、美味しい中華スープでしたね。 らあめんだけでは、食い足りな
『弘前市 らあめん、ライス らぁめん満来』の画像

 浪岡にある超~有名店、客足が絶える事が無いお店です。 癖の無い津軽ラーメンと、正統派もやしそばでした。 写真は、「ラーメン」500円。 私は、撮影にフラッシュを使用しないのですが、それでもこの色合い・・・凄い良い感じです。 麺は、細ちぢれでかなり硬めの
『青森市 ラーメン、もやしそば つねた食堂』の画像

 こちらのお店は、看板が無くなっていたので閉店したようですので、過去記録としてご覧下さい。 お久し振りに行ったら、メニューが変わっていました。 メニューがすっかり変わっていたので、一瞬戸惑いましたが、あっさりしたラーメンが食べたかったので、今回は写真の「
『弘前市 支那そば ライス 麺処 まるみや』の画像

 独特な風味で意外に美味しい、もつ中華 もつラーメンと言えば、山形県新庄市にある「一茶庵」などの「とりもつラーメン」が有名ですが、青森市内にも「もつ中華」のお店がありました。 写真は、「もつ中華」550円です。 麺は、中細ちぢれでやや硬めの茹で加減。 具
『青森市 もつ中華 そば処 丸万』の画像

 こちらのお店は、2013.1.15 「横浜家系らうめん じょうもんや」としてリニューアルされたようです。 過去記録としてご覧下さい。 味噌ラーメンを売りにしているお店 今回は、お勧めメニューから写真の「ためのぶ味噌らーめん雅・野菜増し」980円。 麺は、中太の平打
『弘前市 ためのぶ味噌らーめん雅 二代目・味噌屋 ためのぶ』の画像

 好きな小鉢や料理をチョイスして食べる社食の様なお店 入口を入ったら、好きな料理を選んで、レジで精算してから席に付きます。 写真は、好きなおかずを選んだ料理です。 選んだのは、「焼肉」350円、「ほうれん草の和え物」120円、「とん汁(大)」138円、「
『弘前市 焼肉と小鉢で食事 ごはんやテーブル さんくまむ』の画像

 とろり・こってりでインパクトのある煮干しスープ 以前は、津軽ラーメンのあっさりでしたので、今回は、新・津軽ラーメンから写真の「こく煮干し」700円を食べてみました。 麺は、数種類から選ぶことができますが、今回は、「手打麺」にしています。 太さは、中太ス
『青森市 新・津軽ラーメン こく煮干し 長尾中華そば(西バイパス本店)』の画像

 津軽百年食堂のモデルとなった10店のうちの1店 今回は、天津拉麺が食べたくなり、再訪しました。 写真は、「天津拉麺」700円です。 麺は、自家製麺と書かれていましたが、中細のちぢれで、柔らか目の茹で加減。 具材は、野菜など具だくさんの天津(かにたま)、
『弘前市 天津拉麺とライス(小) 来々軒』の画像

 あっさりして美味しいラーメンでした。 国分町に以前あった、元祖がんこやラーメンの閉店後に居抜きで入ったラーメン店。 麺匠大黒の系列店のようです。 写真は、「中華そば」600円。 麺は、白っぽい細ストレートで硬めの茹で加減。 具材は、柔らかい豚バラチャー
『仙台市 中華そば、半ライス 麺屋 丸ふじ』の画像

 こちらのお店は、看板が無くなっていたので閉店したようですので、過去記録としてご覧下さい。 2012年1月末にオープンしたつけ麺が売りのお店 ご近所にオープンしたお店ですが、どんな感じのラーメンか食べに行ってみました。 写真は、「中華そば」550円。 麺
『弘前市 中華そば、醤油つけ麺 麺処 まるみや』の画像

 チャーシューに特徴があるお店 ビロ~ン・・・と、特徴的なチャーシューが食べたくて行ってみました。 写真は、「にぼし中華」550円、「半ライス」100円です。 麺は、中細でややちぢれた麺。 具材は、特徴的な豚バラチャーシュー、しなちく、ねぎ。 スープは、
『弘前市 にぼし中華 げんこつ屋』の画像

 津軽百年食堂のモデルとなった10店のうちの1店 黒石市にも、モデル店が2軒あるという事で、その内の2軒目です。 写真は、「中華そば」550円です。 麺は、中太ややちぢれで、とても柔らかい茹であがりです。 具材は、歯応えのあるチャーシュー、シンプルな味付
『黒石市 中華そば 食堂 長崎家』の画像

 こちらのお店は、閉店していました。過去記録としてご覧下さい。 麻婆豆腐とらーめんのお店 八丁味噌だけで味付けしたという味噌らーめんがある、と言う事で食べに行ってみました。 写真は、「味噌らーめん」750円です。 確かに、スープの色は焦げ茶色で八丁味噌の
『弘前市 八丁味噌の味噌らーめん 弘前 fu 麻麺』の画像

 店主高齢のため、閉店されたようですので、以下の記事は、過去記録としてご覧下さい。 老舗三忠食堂の分店でお食事 以前、本店さんで食べたので、今度は分店で食べてみました。 個性的なメニューもありましたが、普通に写真の「中華そば」500円を食べました。 麺は
『弘前市 中華そば 三忠 東長町分店』の画像

 津軽百年食堂のモデルとなった10店のうちの1店 写真は、「醤油拉麺」500円です。 麺は、自家製麺と書かれていましたが、中細平打ちのちぢれで、柔らか目の茹で加減。 具材は、チャーシュー、しなちく、ねぎ。 スープは、香りも味も煮干しで、少し酸味のあるスー
『弘前市 醤油拉麺と五目拉麺 来々軒』の画像

 やはり美味しいですね~、天下一品のラーメン 仙台出張で、お昼何食べようかな~と考えていたら、天下一品の和だしラーメンのイメージが・・・。 そこで、写真は「和だしラーメン」650円。 お腹が空いていたので、「ライス」100円を追加。 茹で卵は、サービス品
『仙台市 和だしラーメンとライス 天下一品(中央通り店)』の画像

↑このページのトップヘ