東北食べ歩き

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。 セカンドステージを外しました。

東北食べ歩き イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

ライス

 お久し振りに、中華そば1品勝負の文ちゃんラーメンさんへ 今回は、写真の「中華そば(中)」500円に、トッピング「ねぎ」50円にしました。 麺は細ちぢれで、今回は少し硬めの茹で加減。 具材は、トッピングした大量のねぎ、ねぎの下にはチャーシュー、しなちく、
『弘前市 中華そば(中) ねぎ、ライス 文ちゃんラーメン』の画像

 津軽百年食堂のモデルとなった10店のうちの1店 今回は、辛いラーメンに挑戦です。 写真は、「炸醤拉麺」(ジャジャラーメン)650円です。 麺は、自家製麺の中細平打ちのちぢれで柔らか目の茹で加減。 具材は、豚挽肉、玉葱、筍、椎茸、生姜の微塵切りが入った唐
『弘前市 炸醤拉麺とライス(小) 来々軒』の画像

 こちらは、お店が無くなっていましたので、過去記事としてご覧下さい。 2013年3月にオープンした、煮干しラーメンのお店。 煮干しが売りのようなので、煮干し好きの私は写真の「濃厚にぼし(並)」700円にしてみました。 おっと・・・、見た目魚粉たっぷり系で
『弘前市 濃厚にぼし、ライス らーめん恵美須』の画像

 どんぶりを覆う大きいチャーシューは見た目が良いですね。 何度も通っている一幸食堂さんですが、今回は写真の「チャーシューメン」750円を食べてみました。 まずは、どんぶりを覆い尽くすチャーシューは、ビジュアル的に良いですね。 さて、麺は、中太ちぢれ。 具
『弘前市 チャーシューメンと半ライス 一幸食堂』の画像

 津軽百年食堂のモデルとなった10店のうちの1店 写真は、「肉絲拉麺」(豚肉の細切ラーメン)700円です。 麺は、自家製麺の中細平打ちのちぢれで柔らか目の茹で加減。 具材は、餡でまとめられた細切りの豚肉、筍、ピーマン、玉葱。 スープは、ガラ系ベースの醤油
『弘前市 肉絲拉麺とライス(小) 来々軒』の画像

 これでもか・・・と、にんにくの入ったラーメンでした。 こってり濃い豚骨スープを売りにしているお店です。 今回食べたのは、写真の「濃くにんにく」790円です。 麺は、細ストレート、オーダーの際に「普通」「カタ麺」「やわ麺」から選べますが「普通」にしていま
『東広島市 濃くにんにく、小白めし 新・和歌山らーめん ばり馬(西条中央店)』の画像

 ※こちらのお店は既に閉店しておりますので、過去記事としてご覧下さい。 無化調で、すっきりした煮干し中華でした。 化学調味料を使用していない事を売りにしているお店です。 注文したのは、写真の「にぼし醤油ラーメン」630円。 麺は、細ストレートで、何かそう
『弘前市 にぼし醤油ラーメン、ライス めんどころ心(しん)』の画像

 津軽百年食堂のモデルとなった10店のうちの1店 写真は、「雲呑拉麺」(ワンタンメン)600円です。 麺は、自家製麺の中細平打ちのちぢれで柔らか目の茹で加減。 具材は、雲呑(中に挽肉が入っていました。)、しなちく、チャーシュー、ねぎ。 スープは、ガラ系ベ
『弘前市 雲呑拉麺とライス(小) 来々軒』の画像

 濃厚煮干し味の背あぶらガツン系ラーメンでした。 濃厚煮干しと背あぶらのラーメンが食べたくて、なかた屋さんの高田店へ行ってみました。 写真は、「背あぶら濃厚魚介中華(中)」650円 麺は、白っぽく中細ストレートで、硬めの茹で加減、独特なもちもちした食感。
『弘前市 背あぶら濃厚魚介中華、煮干し中華 中華蕎麦 なかた屋(高田店)』の画像

 屋台やラーメン 五味が移転オープンしたお店へ行ってみました。 こちらのお店は以前、弘前市和泉にあった「屋台やラーメン 五味」というお店が黒石市に移転、ちゃんぽんをメインにしたお店になっていました。 さて注文したのは、写真の「海鮮ちゃんぽん」930円。 麺
『黒石市 海鮮ちゃんぽん、みそちゃんぽん 石焼ちゃんぽん ふうふう』の画像

 H26.7月上旬に、店舗名を変更しリニューアルオープン。 よって、過去記事としてご覧下さい。 らーめんを注文すると、ライスとおしんこが無料になるお店です。 こちらのお店は、らーめんを注文すると「ライス、おしんこ」250円が無料になるお店です。 で、注文したの
『弘前市 コク塩、無料ライスとおしんこ らーめん天(そら)』の画像

 昭和40年創業の秋田に根付いたラーメン店 以前何度となく食べに行ったお店ですが、ブログに掲載するのは今回が初めてですね。 写真は「醤油味」680円です。 さて、麺は自家製麺で中太ややちぢれ、もちもちした食感です。 具材は、コロッとしたチャーシューと薄く
『秋田市 醤油、半ライス 吾作ラーメン(秋田山王店)』の画像

 お店のコンセプトは、懐かしの昭和初期でしょうか。 昭和初期下町食堂の雰囲気を思わせる店内で食す美味しいラーメンでした。 初めてのお店なので最初は、普通の中華そばを食べれば良いものを、何故かこの日はごってり系が食べたくなり、写真の「背脂中華ソバ」680円
『花巻市 背脂中華ソバ、半ライス 二丁目食堂』の画像

 醤油ベースの中華スープに餡かけもやしが良いですね。 今回は、中華料理屋さんのもやしラーメンです。 写真は、「もやしラーメン」600円。 麺は、中細ストレートでやや硬めの茹で加減。 具材は、もやし、人参、絹さや、きくらげ、豚バラ肉の餡かけ。 スープのベー
『弘前市 もやしラーメン、半ライス 中華料理 みんぱい 弘前城東店』の画像

 津軽百年食堂のモデルとなった10店のうちの1店 写真は、「麻婆拉麺」650円です。 麺は、自家製麺と書かれていましたが、中細平打ちのちぢれで、この日は硬めの茹で加減。 具材は、麻婆豆腐(豆腐、挽肉、少量の刻んだもやし)。 スープは、ベースが醤油味のスー
『弘前市 麻婆拉麺、ライス(小) 来々軒』の画像

 2012.12.20に開店したラーメン店です。 青森駅前アウガの裏手近くにあるラーメン店です。 青森のラーメンと言えば、生醤油が前面に出ている印象がありますが、こちらのラーメンは澄んだ上品な出汁の風味が良い感じのラーメンですね。 写真は、「ラーメン」5
『青森市 ラーメン、ライス 駅前ラーメン』の画像

 濃厚煮干し味のガツン系ラーメンでした。 濃厚煮干しと背あぶらのラーメンが食べたくて、なかた屋さんへ行ってみました。 写真は、「背あぶら濃厚魚介中華(中)」650円 麺は、中細ストレートで、硬めの茹で加減で独特なもちもちした食感。 具材は、薄くスライスさ
『弘前市 背あぶら濃厚魚介中華 中華そば なかた屋(神田店)』の画像

 寒くなってくると食べたくなる鍋焼きうどん 温かい食べ物が欲しくて、写真の「鍋焼きうどん定食」850円を注文。 セットは、中央の鍋焼きうどん、ご飯は半ライス程度、小鉢2品(ひじきの炒め物、醤油昆布)、香の物でした。 鍋焼きうどんの麺は、丸く柔らかいうどん
『弘前市 鍋焼きうどん定食 一幸食堂』の画像

 自家製麺など拘りのお店でした。 写真は、「中華そば」550円。 麺は、こだわりの自家製麺ということで、中太ややちぢれで、もちもちした食感でした。 具材は、柔らかいチャーシュー、お麩、しなちく、ねぎ スープは、煮干しの風味と豚鶏ガラ系、味のバランスが良い
『青森市 中華そば、半ライス 出し屋 五丈軒』の画像

 あっさりして普通に美味しいラーメンが良いですね。 今回は、普通にラーメン・ライスにしてみました。 写真は、「ラーメン」400円です。 麺は、中細ちぢれ。 具材は、チャーシュー、しなちく、ねぎとシンプル。 スープはあっさりした感じで、普通に美味しかったで
『青森市 ラーメンとライス そば処 丸万』の画像

↑このページのトップヘ