東北食べ歩き

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。 セカンドステージを外しました。

東北食べ歩き イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

ホルモン

 好きな焼き肉屋さんが弘前にもありました。 1か月から2か月毎に食べたくなる、冷麺と焼き肉。 写真は、「盛岡冷麺」750円です。 いつも通り、別辛で注文、スープの味の楽しんでから辛みをすべて投入し食べました。 スープや麺は、いつも通りの美味しさ・・・、で
『弘前市 盛岡冷麺とホルモン やまなか家(弘前店)』の画像

 お久し振りに食べると本当に元気が出るほど美味しかった。 本当にお久し振り(ほぼ1年ぶり)に、やまなか家さんで焼肉です。 平日のお昼時だったので、ランチメニューから選ぶ事ができました。 写真は、「ランチよくばりセット」500円です。 セットは、盛岡冷麺(
『仙台市 焼肉屋でランチ 元氣のでる炭火焼肉 やまなか家(仙台郡山店)』の画像

 寒さを吹き飛ばせ、元気祭の半額ホルモン 写真は、「盛岡冷麺」590円です。 盛岡冷麺独特のゴムの様な歯応えの麺と牛キムチスープのバランスの良い美味しい冷麺です。 具材は、ゆで卵半分、スライス胡瓜、キムチ、肉、りんご、白ゴマでした。 今回食べに行ったのは
『仙台市 元気祭の半額ホルモンほか ホルモン家本舗(宮城野店)』の画像

 ホルモンと唐辛子麺を組合せたラーメン 以前立ち寄った時、気になっていたメニューを食べてみました。 写真は、「北のホル麺」620円です。 麺は、中太で柔らか目の茹で加減。 麺には、唐辛子が練り込んであるらしくオレンジ色をしています。 具材の豚バラ肉、豚ホ
『北上市 北のホル麺 北上金ヶ崎PA(下り)』の画像

 たま~に、食べたくなるホルモン焼き肉 焼き肉は毎日食べたいとは思いませんが、何か・・・、たま~に食べたくなるから不思議です。 しかも、ホルモンが食べたくなったので、ご近所さんのホルモン家へ食べに行きました。 一品目は、いきなり生肉の写真では、見た目が悪
『仙台市 色々ホルモン三昧 ホルモン家本舗(宮城野店)』の画像

 白山だだちゃ豆を練り込んだ特製麺を使用したお店 こだわりの麺とホルモンが美味しいお店でした。 写真は、「ホルモンめん」です。 麺は、中細。 具材は、ホルモン、しなちく、海苔、もやし、ニラ、ねぎ。味玉は別料金のトッピングです。 スープは、とんこつですが、
『仙台市 ホルモンめん とんこつ つるおか家(本店)』の画像

 テイクアウト、モーニングやランチ、お酒など色々あるお店 写真は、「ガーリーチキンディッシュ」です。 ご飯にかけられているのは、少しだけカリー風味のする中華風のあんかけです。 具材は、大き目にカットされた鶏肉の唐揚げで食べ応えあります。また、彩りにパプリ
『仙台市 ガーリーチキンディッシュ キーチャンズ(仙台駅店)』の画像

 こだわりの冷麺と、元気のでる焼肉 今回は、ちょっと贅沢して焼肉・冷麺にしてみました。 写真は、「盛岡冷麺(別辛)」です。 麺は、中細で独特の歯応えがあります。 具材は、牛チャーシュー、玉子半分、スイカ、胡瓜、横にあるのが辛味用のキムチです。 スープは、
『仙台市 冷麺 焼肉 やまなか家(フォレオ宮の杜店)』の画像

 辛口ホルモンは、本当に辛かった~ 時々、無性に食べたくなる焼き肉と言うより、ホルモン。 今回も、仙台ホルモンを食べに行きました。 写真は、「クッパ」です。 いきなり、生ホルモンの写真を掲載するのは、ちょっとグロイので、クッパから掲載します。 おなじみの
『仙台市 本格派仙台ホルモン ホルモン家本舗(宮城野店)』の画像

 生・塩・辛口・激辛と色々なホルモンがありました。 写真は、「盛岡冷麺(別辛)」 本場盛岡冷麺とは、麺の太さとコシがちょっと違いますが、十分美味しかったです。 写真は、「ホルモン三点盛り」で、左から、塩ホルモン、生ホルモン、辛口ホルモンです。 その他、注
『仙台市 本格派仙台ホルモン ホルモン家本舗(宮城野店)』の画像

 店内、煙モクモク、それでも人気のホルモン屋 路地の奥に位置しながら、ホルモン料理で人気のお店です。 写真左は「ホルモン」。写真右は、「子袋」です。 それぞれ、大きめにぶつ切りされているので、野趣あふれる雰囲気があります。 写真だと、ちょっとグロイ感じも
『仙台市 煙モクモク ホルモン料理 三福』の画像

↑このページのトップヘ