東北食べ歩き

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。 セカンドステージを外しました。

東北食べ歩き イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

とんこつ

 鶴岡産、白山だだちゃ豆を練り込んだ特製麺 写真は、「らーめん」です。(とんこつしょうゆ) 麺は、薄く緑っぽい色をしていたので、不思議に思っていたら、だだちゃ豆を練り込んでいたのですね。 具材は、煮玉子1個、とろとろのチャーシュー、しなちく、海苔、ねぎ。
『仙台市 らーめん つるおか家(フォレオせんだい宮の杜店)』の画像

 大雪山から流れる水で作ったスープを旭川本店から直送 写真は、このお店一押しの「伝説塩ラーメン」です。 麺は、中太で少しちぢれでいます。 具材は、チャーシュー、しなちく、なると、ねぎ。 スープは、豚骨、魚介、野菜のトリプルスープという事ですが、深みとコク
『東京都 伝説の塩ラーメン 旭川ラーメン Saijo』の画像

 こちらのお店は、既に麺達七人衆を卒業されているので、過去記事としてご覧下さい。 「コクあり、アッサリ、くさみなし」本流熊本ラーメン 写真は、こちらのお店一押しの「角煮ラーメン」です。 麺は、中太麺ストレートの、ちょい硬茹で。(好みで、細麺も選べます。)
『東京都 角煮ラーメン 熊本ラーメン ひごもんず』の画像

 白味噌ベース濃い口豚骨と山岡家原点の味、醤油豚骨 関東を中心に広がっているラーメンチェーン店。 写真は、「特製味噌チャーシューメン」です。 麺は、コシの強い太ちぢれ麺で、茹で加減を選べるので「硬茹で」にしました。 具材は、厚切りチャーシュー5枚、青物、
『仙台市 特製味噌チャーシューメン 山岡家(仙台泉区店)』の画像

 さぁ~食べてみろ・・・と、言わんばかりのガツン系、豚骨らーめん ガツン系ラーメンで、全国的に有名になったお店。 写真は、「らーめん、味玉」です。 麺は、元祖細麺と平打ち麺が選べますが、細麺は以前食べた事があるので、今回は平打ち麺にしてみました。 麺は、
『東京都 秘伝のマー油 なんつッ亭 弐』の画像

 元気が一番、こだわりラーメンのお店 写真は、このお店一押しの「黒みそとんこつらーめん」です。 麺は、中太の卵麺(熊さんの麺でした)。具材は、岩海苔、チャーシュー、しなちく、もやし、ねぎ。 スープは、こがしネギとマー油(焦しにんにく油)が香ばしく、味噌豚
『仙台市 黒みそとんこつらーめん 二代目 麺一』の画像

 辛さを自分で調整できるのが嬉しい。 自分で味の調整ができるラーメンでした。 写真は、「ニラなんばんらーめん(こってり)」です。 スープは、豚骨ですが、「あっさり」と「こってり」が選べます。 麺は、中太ストレート。 具材は、もやし、とろとろのチャーシュー
『仙台市 ニラなんばんらーめん こうしゅう本店』の画像

 豚鶏濃厚スープと独特なチャーシュー 濃厚スープ、バラ先チャーシュー、しこしこ自家製麺にこだわった、熊本ラーメンのお店。 写真は、「おっぺしゃんらーめん味玉のせ中盛」です。 麺は、中細ストレート。 具材は、こだわりのバラ先チャーシュー、味玉2個分、海苔、
『仙台市 熊本ラーメン おっぺしゃん(中央店)』の画像

 「あっさり」「こってり」「太麺」「細麺」が選べるお店 行列覚悟で行かなければならないラーメンの人気店。 写真は、「蔵特製ラーメン」です。 このお店は、味が「こってり」と「あっさり」から選べると共に、麺も太麺と細麺から選べます。 今回は、「こってり」の「
『多賀城市 蔵特製ラーメン らーめん 蔵』の画像

 2011.03.11 東日本大震災の影響より、閉店・・・復活の兆しがありません。 びっくりするほど、ドロドロのスープ 天下一品こむらさき店で、写真の天下一品ラーメンを食べました。 麺は、中細麺、具材は、チャーシュー、しなちく、ねぎです。 そして、特徴的なのがスープ
『仙台市 天下一品ラーメン 天下一品 こむらさき店』の画像

 お店の売りは、つけ麺。 秋田県南、特に湯沢のラーメンはこってりしたスープが特徴的です。 やまがみラーメンのスープは、魚粉が特徴的な味を出しており、動物系の油膜も強いこってり醤油豚骨でした。 魚粉により魚の味を加えているためか、酸味が無く、逆に豚骨と脂の
『湯沢市 こってり魚介系 やまがみ』の画像

↑このページのトップヘ