東北食べ歩き(セカンドステージ)

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。

東北食べ歩き(セカンドステージ) イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

とんこつ

 味も値段も昭和レトロなお店。 麺類から丼もの、定食まで揃っている大衆食堂。 今回も、晩ご飯を食べに入ってみました。 前回、黒玉を食べたので今回注文したのは写真の「名物 赤玉 大新ラーメン」550円です。 麺は、中細ややちぢれで少し硬めの茹で加減。 具材は
『盛岡市 名物 赤玉 大新ラーメン 大新食堂(三ツ割店)』の画像

 青森西バイパス沿いにある煮干し中華そばのお店です。 弘前観光に続けて青森市方面まで足を延ばしました。 そして、立ち寄ったのが有名店、ひらこ屋さんです。 注文したのは、写真の「バラそば(中)」750円です。 麺はやや色白で中太ストレート。 もちもちした食
『青森市 バラそば、こいくち 中華そば ひらこ屋』の画像

 キムチ納豆ラーメンで有名な、柳家グループのお店です。 盛岡市大通の名店会館内に入っているお店は、柳家グループでありながら、ちょっと個性的なメニューでラーメンを提供しているお店のようです。 3月末頃、職場の送別会の後に入ってみました。 煮干し系のラーメン
『盛岡市 爆ニボ醤油SS(太麺) 麺屋 好誠』の画像

 秋田市に本店がある、拘りとんこつ醤油のお店です。 とろり、こってりしていながら美味しく食べ易い横浜家系らーめん。 佐々木家さんといえは、秋田市内で家系らーめんの先駆けとなったお店で、今は秋田市内の本店と、盛岡の大通と津志田の2店舗があります。 さて、今
『盛岡市 とんこつらーめん(醤油)、焼き餃子 佐々木家(盛岡大通店)』の画像

 イオンモール盛岡南店1階に入っている大勝軒直系の優勝軒です。 優勝軒さんで食事するのは、かつて仙台国分町にあったお店以来です。(現在は仙台南店) 当時の印象としては、かなりこってり系のラーメンという感じです。 さて、お店の前のパネルを見ていたら気になる
『盛岡市 角ふじ(中)、つけ麺(並) 大勝軒直系 優勝軒』の画像

 元祖ニラなんばんラーメンのお店です。 自分の好みに合わせてニラ南蛮を入れる量を調整できるのが良いですね。 盛岡発祥のニラ南蛮を食べに宝介さんへ行ってきました。 注文したのは写真の「ニラ南蛮らーめん(こってり)」810円です。 麺は、中太ややちぢれで少し
『盛岡市 ニラ南蛮らーめん(あっさり、こってり) 宝介(本店)』の画像

 とんこつベースに数種の節をあわせたスープを売りにしているお店です。 盛岡駅前から開運橋を渡り川徳デパート方面へ少し歩いた場所にあるラーメン店。 節骨らーめんを売りにしていたので食べてみました。 写真は、「節骨醤油らーめん」750円です。 麺は、太ストレ
『盛岡市 節骨醤油らーめん、餃子 ぶた家』の画像

 津軽ラーメン街道、10周年記念「ザ・メモリアル・フェスタ」第5弾の二日目も行ってきました。 今回のお目当ては、博多だるまというお店です。 以前、お仕事で九州博多へ行った時、巨大商業施設キャナルシティ博多センターウォーク5階ラーメンスタジアム内で入った「
『五所川原市 チャーシュー麺、ラーメン煮玉子入り 博多だるま(津軽ラーメン街道内)』の画像

 こってり・どっしりコクのある黒とんこつでした。 ドライブ途中に立ち寄った味噌を売りにしている、らーめん家さんです。 写真は、お店超おすする「極上黒とんこつ」750円です。 麺は、中太やや縮れ。 具材は、大きめでとても柔らかい豚バラチャーシュー2枚、しな
『大館市 極上黒とんこつ、味噌とんこつらーめん 斎藤みそ家』の画像

 福岡市内の巨大商業施設キャナルシティ博多センターウォーク5階ラーメンスタジアム内にある博多ラーメンのお店です。 博多へ行ったら絶対食べようと思っていたのが2品有り、そのひとつが博多ラーメンです。 でも、あちこち探し歩く時間が無いので、ホテルの近くにある
『福岡市 ラーメン玉子入り 初代秀ちゃん(キャナルシティ内、ラーメンスタジアム)』の画像

 濃厚とんこつを売りにしているようですが、癖の無い食べ易いとんこつラーメンでした。 姫路フォーラスの向かい側にある、濃厚とんこつのお店でした。 まずはノーマルな味を楽しみたかったので、注文したのは、写真の「ラーメン」580円です。 麺は、太くやや平らでも
『姫路市 ラーメン 濃厚とんこつ醤油 鶴亀家』の画像

 阪堺電車のりば近くにある、らーめん店 お腹が空いたので、ちょっと立ち寄ってみました。 入ったお店は、九州豚骨ラーメンを売りにしたお店のようでした。 注文したのは、最もシンプルでお店の名前が付いた写真の「亀王らーめん」680円です。 麺は、細ストレート。
『大阪市 亀王らーめん 九州らーめん亀王(恵美須町店)』の画像

 無化調に拘った店主が作る、2種類の煮干し系らーめん 豚鶏ガラと数種の煮干し・焼き干しから作る美味しいスープ。 青森市浪岡にある食堂です。 今回は、特製らーめん2品を食べてみました。 まず、一品目は写真の数量限定、特製らーめんと書かれた「濃い鯵」700円
『青森市 濃い鯵、津軽らーめん マルミ・サンライズ食堂』の画像

 ガツンとくる煮干しスープに、どろっとした背脂でした。 八助さんの煮干しラーメンを食べに再訪です。 今回は、背脂の入ったラーメンにしてみました。 写真は、「背脂コクにぼし」700円。 麺は、太麺と細麺から選べるので、太麺にしています。 その麺は、色白のも
『弘前市 背脂コクにぼし(並)、ライス(並) 中華そば 八助』の画像

 美味しい豚骨系ラーメンでした。 辛いらーめんを売りにしているお店のようです。 でも、辛いのが苦手なので注文したのは写真の「ばくだん屋のらーめんセット」750円です。 セットは、らーめん+味付半玉子とライス、或いはムスビです。 さて、麺は細ストレートで硬
『東広島市 らーめん、むすび ばくだん屋(西条店)』の画像

 これでもか・・・と、にんにくの入ったラーメンでした。 こってり濃い豚骨スープを売りにしているお店です。 今回食べたのは、写真の「濃くにんにく」790円です。 麺は、細ストレート、オーダーの際に「普通」「カタ麺」「やわ麺」から選べますが「普通」にしていま
『東広島市 濃くにんにく、小白めし 新・和歌山らーめん ばり馬(西条中央店)』の画像

 H26.7月上旬に、店舗名を変更しリニューアルオープン。 よって、過去記事としてご覧下さい。 らーめんを注文すると、ライスとおしんこが無料になるお店です。 こちらのお店は、らーめんを注文すると「ライス、おしんこ」250円が無料になるお店です。 で、注文したの
『弘前市 コク塩、無料ライスとおしんこ らーめん天(そら)』の画像

 ※こちらのお店は既に閉店しておりますので、過去記事としてご覧下さい。 割とライトな感じの家系ラーメンでしたね。 弘前で有名な家系ラーメン店のスープより、少し軽い感じで食べ易いお味でした。 二代目味噌屋ためのぶの後に開店した横浜家系を売りにしたお店。 注
『弘前市 豚骨醤油らうめん 横浜家系らうめん じょうもんや』の画像

 一番町かき徳ビルに入っている豚骨らーめんのお店 写真は、「穂先メンマ魚節豚骨麺」800円。 麺は、中細ちぢれでやや硬めの茹で加減。 具材は、チャーシュー、穂先メンマ、刻み玉葱、海苔。 スープは、真っ白い豚骨スープに風味付けの黒っぽいものが表面に広がって
『仙台市 穂先メンマ魚節豚骨麺 麺屋くさび(国分町店)』の画像

 チャーシュー麺と肉めしで、肉づくし さくら野弘前店の近くにある、ラーメン店。 映画を見るついでに立ち寄ってみました。 写真は、「みそチャーシュー」900円。 麺は、中太。 具材は、大きなチャーシューが4枚、もやし、しなちく、海苔、ねぎなど。 スープは、
『弘前市 みそチャーシュー、肉めし 麺や 幡(ばん)』の画像

↑このページのトップヘ