三沢の名物、ほっきをふんだんに使用した料理を提供しているお店です。

 とある休日の朝、相方が突然「ほっき」が食べたいというリクエスト・・・。
 ん~、ならば、その願い叶えてやろうという事で、高速道路をひた走り何とか昼時迄に辿り着きました。

 さて、お目当ての料理は、どんな料理でしょうか。

 写真は、「ほっき丼」1000円です。
 内容は、写真左下がほっき丼、右下がほっきの潮汁、写真右上の小鉢がほっきの和え物、写真左上が香の物(沢庵)、写真中央上は特製醤油タレです。

kurema 170412 01

 こちらがほっき丼です。
 白飯の上に刻み海苔、そのうえに軽くボイルしたほっきがたっぷりと盛り付けられています。
 右上のピンク色の物は、口直しの甘酢生姜。
 わさびは、特製醤油タレに溶かしてから丼全体に廻しかけます。

 お味は食べていませんが、相方はシンプルながらほっきの味がしっかりして、ぷりぷり柔らかく美味しいという事でした。

kurema 170412 02

 こちらは、ほっきの潮汁です。
 具材は、薬味のシソとほっきのみ。
 これ絶対美味しいでしょうね。

kurema 170412 03

 そして、こちらはほっきと白味噌マヨネーズの和え物のようです。

kurema 170412 04

 相方は、素朴で美味しいほっき丼に満足したようでした。
 いや~、遠くまでドライブしただけの事はあったというものですね。

 さて、私はほっきがいまいち苦手なので写真の「味噌貝焼き定食」800円にしています。
 内容は、中央上が味噌貝焼き、ご飯、お味噌汁(具材は、わかめとねぎ)、小鉢(菜の花)、香の物(沢庵)。
 写真中央下の丸い物は、コンロの火を消す蓋で、味噌貝焼きが過熱し過ぎないよう途中で火を消すときに使用しました。

kurema 170412 05

 こちらが味噌貝焼きです。
 固形燃料のコンロにのせられているので熱々の状態を頂く事ができます。
 内容は、味噌と出汁汁の中に刻んだ帆立が入っており、玉子でとじられています。
 適度に煮えたところで、ぐりぐりと掻き混ぜてから頂きます。

 焼けた味噌の風味が香ばしくご飯の進む料理ですね。

kurema 170412 06

 メニューの一部は写真のとおり 【クリックすると拡大してご覧頂けます。】

kurema 170412 07

 こちらは、写真付きのメニューです。 【クリックすると拡大してご覧頂けます。】

kurema 170412 08

 こちらのお店は、元祖三沢エアフォースバーガーのお店になっているようで、写真はそのメニューです。
 米軍基地が近くにあることもあり英語表記のメニュー等もありました。 【クリックすると拡大してご覧頂けます。】

kurema 170412 09

 こちらは、店内の様子です。
 産直レストランと書かれていますね。
 結構人気があるレストランのようで、昼時には写真のような満席状態でした。

kurema 170412 10

 「くれ馬ぱーく」という名前のとおり、施設の周りには「馬」のオブジェや本物の馬に触れ合える場所等がありました。

kurema 170412 11

場所 青森県三沢市谷地頭4-298-652
電話 0176-59-2711
営業 定休日 12/31、1/1
    営業時間 4月~10月 10時~17時30分、11月~3月 10時~16時30分
           レストランコーナーは、16時迄ま昼営業のみ
駐車 道の駅なので広い駐車場があります。

ブログランキングに参加しています。
食欲増進に向けて「1日1回のクリック」にご協力願います。
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村