横浜で宿泊した、ホテルニューグランドの朝食です。

 昭和初期に西洋スタイルの正統派ホテルとして、横浜のシンボルになるような思いを込めて誕生したと言われているホテルニューグランドの朝食は、宿泊の楽しみのひとつですね。
 こちらのホテル朝食は、タワー館5階の「Le Normandie (ル・ノルマンティ)」で横浜港を一望できる開放的な空間で食すビュッフェ(洋食系)か、本館5階の和風な部屋で食す京料理の熊魚菴(たん熊北店)の和定食を選ぶ事ができます。

 今回は、相方の希望でタワー館5階のル・ノルマンティのビュッフェにしました。

 写真は入口の様子ですが、ホテル全体に言える事で、装飾はどこも重厚感があります。
 中に入ると実に広いフロアーです。
 そして、横浜港が一望できる大きな窓。

re normandie 161209 01

 さて、相方の要望にこたえて、洋食にしてみたものの、朝食は和定食派なので、ご飯が無かったらどうしようと思っていたら・・・、ありました。
 写真は、「ピラフ」と「カリカリベーコン」「ソーセージ」です。
 私の大好きな料理三点セットがありました。

 ピラフは、さらりとした感じに仕上がっており、食すともちもちした良い感じとほど良い味付けがされています。
 ベーコンは、しっかりとカリカリになるまで火が通されており、硬い歯応えが私好みです。
 そして、パリッと食感の良いソーセージが堪らなく美味しい。

 これなら、朝から大満足ですね。

re normandie 161209 02

 パンは、結構な種類があり、自分でトーストして食べることができます。
 もちろん、バターやジャムなども揃っていました。
 写真のクロワッサンは、パリッとして美味しかったですよ。

re normandie 161209 03

 写真の料理は、「スクランブルエッグ」にトマトケチャップ、「ペンネのミートソース」などです。

re normandie 161209 04

 こちらは、「サラダ」です。
 色んな種類の野菜や、コーン、豆類がありましたが、自分の好みに合わせて盛り付けています。
 そして、ドレッシングも6種類ほどあったと思いますが、普通のフレンチドレッシングにしています。
 ちなみに、白い部分は、「マッシュポテト」です。

re normandie 161209 05

 ホテル朝食定番の「フルーツ」と「ヨーグルト」です。
 フルーツの種類は、オレンジ、パイナップル、アップル、メロンなどでした。

re normandie 161209 06

 こちらのサラダのうえに盛り付けられているのは、「ハム」と「スモークサーモン」です。

re normandie 161209 07

 こちらは、「茹で卵」と「角切り牛肉と野菜がたっぷり入ったコンソメスープ」です。
 茹で卵は、半熟かと思っていたら、しっかり黄身まで加熱された普通の茹で卵でした。

re normandie 161209 08

 ドリンクは、オレンジやミルク、トマトジュース等があり、その他席に着くとウェイターがコーヒーや紅茶を入れてくれます。
 写真は、「オレンジジュース」と「紅茶」になります。

re normandie 161209 09

 メニューは写真のとおり 【クリックすると拡大してご覧頂けます。】
 当然宿泊者は、朝食代が宿泊料金の中に含まれているので、チケットを渡すだけで食事ができますが、通常料金は、3564円になっていました。

re normandie 161209 10

 こちらは、営業時間になります。 【クリックすると拡大してご覧頂けます。】

re normandie 161209 11

 写真中央の「HOTEL NEW GRAND」の看板がある建物が、本館で、その右側のタワービルが新館のタワー館になります。
 本館は、歴史ある建物ですが、夜景を楽しむのであればタワー館の高層階がベストですね。

HOTEL NEW GRAND 161210 01

場所 神奈川県横浜市中区山下町10番地
電話 045-681-1841
営業 定休日 ホテルの営業に準ずる。
    営業時間 掲載の写真をご覧下さい。
駐車 ホテルの有料駐車場があるようです。

ブログランキングに参加しています。
食欲増進に向けて「1日1回のクリック」にご協力願います。
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村