水車で挽いた蕎麦粉100%のお蕎麦を提供するお店。

 10月の中頃、今年もそろそろ新蕎麦が出ている頃と思い、葛巻町にあるお蕎麦屋さんへ行ってみました。
 こちらのお店は、山の中にあるお店なのでたどり着くまでが大変ですが、それでも蕎麦好きのお客さんが次々に訪れ、団体さんの予約も入っている状況でした。

 さて、注文したのは「森のそば膳」1620円です。
 昨年尋ねた時は、開店早々に入ったため炭火がおきておらず注文できなかった料理ですが、今年は開店30分後を狙って入ったので注文できました。

 でも、後少し入店が遅れたら、団体客に先を越されたかも・・・。

 最初に提供される内容としては、ざる蕎麦、小鉢(野菜や竹輪などのお煮付け)、小鉢(白菜のお浸し)、川魚の塩焼き、香の物(沢庵)、薬味(権八、ねぎ)です。
 ざる蕎麦を食べ終わると、第二段がありますが、それは後程・・・。

morinosobaya 161106 01

 こちらが、お蕎麦です。
 角の立った食感と風味の良いお蕎麦ですね。
 ボリュームが少ないように見えますが、これを食べ終わると次にかけ蕎麦とご飯が出てくるので、まずは、この量で良いと思いますよ。

morinosobaya 161106 02

 こちらは、セットの川魚の塩焼きです。
 囲炉裏端でじっくり焼いているので、川魚独特の臭みは全く無く、表面が香ばしく、身はふっくらと焼き上がっていました。
 当然、骨まで全て美味しい頂きましたよ。

morinosobaya 161106 03

 ざる蕎麦を食べ終わると、こちらが出てきましす。
 出てきたのは、かけ蕎麦、雑穀ご飯、薬味(権八、ねぎ)。
 ざるとかけの2種類のお蕎麦が楽しめるのは嬉しいですね。

 こちらのお蕎麦は、かけにしても柔らかくなることも無く、ほど良い食感が残っているため実に美味しい。

morinosobaya 161106 04

 こちらが、かけ蕎麦です。
 甘めの汁に蕎麦が入っていますが、蕎麦自体は柔らかくなっておらず良い食感が残っています。
 相方が注文したお蕎麦から、山菜と天ぷら半分を横取りして、ちょっと贅沢な天ぷらそばにして頂きました。
 実に美味しかったです。

morinosobaya 161106 05

 お蕎麦を食べたら、やっぱり蕎麦湯ですね。
 これが無ければ、〆にはなりません。
 という事で、最後は蕎麦湯で、まったりとした時間を楽しみました。

morinosobaya 161106 06

 こちらは、相方が注文した「天ぷらそば」755円です。
 内容としては、山菜の入った温かいお蕎麦、別皿の天婦羅、雑穀ご飯、香の物(厚切り沢庵)、薬味(権八、ねぎ)です。
 こちらの厚切りの沢庵は、こりこり歯応えと塩梅が良く、これだけでご飯を美味しく頂けます。

morinosobaya 161106 07

 天ぷらが別皿で提供されてくるので、写真を見ると山菜そばのように見えますね。
 お蕎麦は、先ほどと同じく、汁に入っても柔らかくはならず、良い食感が残っています。
 お出汁の風味も良く、アクセントの山菜も出汁が染み込み、素朴な良いお味を出していました。

morinosobaya 161106 08

 こちらがセットの天ぷらで、小振りな野菜のかき揚げになっています。
 サクサクした食感で、軽い食感とお味が良い感じです。

morinosobaya 161106 09

 こちらは、「でんがくドーフ」160円です。
 ほど良く水分がとんだところに、香ばしい味噌の風味、実に美味しいですね。

morinosobaya 161106 10

 川魚の塩焼きやでんがくドーフが美味しいのは、写真のように囲炉裏端でじっくり焼くからですね。
 しかし、囲炉裏のある生活・・・、憧れますね。

morinosobaya 161106 11

 メニューは写真のとおり 【クリックすると拡大してご覧頂けます。】
 昨年から値上がりしていないようですね。

morinosoba 151028 08

 店内は、基本的にお座敷になりますが、一部長テーブルの用意されていました。

morinosobaya 161106 13

○関連掲載記事○
 2015.10.28 掲載 森のそば屋 : 水車そば、ザルそば、でんがくドーフ
 2016.11.06 掲載 森のそば屋 : 森のそば膳、天ぷらそば、でんがくドーフ

場所 岩手県岩手郡葛巻町江刈第1地割36
電話 0195-66-4111
営業 定休日 無し
    営業時間 10時30分~17時まで
駐車 専用駐車場があります。

ブログランキングに参加しています。
食欲増進に向けて「1日1回のクリック」にご協力願います。
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村