昭和レトロなアイテムが壁一面に飾られた内装と社宅を思わせる外観のお店

 幟と赤提灯が無ければ、誰もお店だとは気付かないような外観のお店です。
 はじめて入る時、ドアを開けて本当に大丈夫か? 中が普通のお宅だったらどうしよう? などと一瞬躊躇する佇まいです。
 それでもラーメンが食べたいので躊躇わずに中へ

 注文したのは写真の「美味、上中華」600円に、こちらのお店は極太しなちくを使用しているので、1本50円のしなちくを3本150円をトッピングしています。
 さて、上中華には国産小麦粉を使用しているという麺は中細ストレートで癖の無いすっきりした小麦の風味がします。
 具材は、デフォ出入っている極太しなちくが3本、豚バラ肉、水菜、海苔と有料トッピング(1本50円)のしなちくを3本追加しています。
 スープは薄い色合いで柚子の風味がする上品な仕上がりの醤油味です。
 麺の風味を活かすための味付けのようで、あっさり・さらりと食べられる美味しいお味です。

 注目の極太メンマは、意外に柔らかく、味が染みており実に美味しい。
 満足感のあるしなちくは最高ですね。
 

biidoro 150712 01

 こちらは、「黒中華」550円です。
 麺は中細ストレート。
 具材は、極太しなちく3本、豚バラ肉、海苔、ねぎ。
 スープは、表面に浮いている背脂の甘さが良い感じの濃い口醤油です。
 はっきりした味付けで満足感を得られる美味しい中華でした。

biidoro 150712 02

 メニューの一部は写真のとおり 【クリックすると拡大してご覧頂けます。】

biidoro 150712 03

 お店の外観は普通の民家ですね。
 写真左側の玄関がお店の入り口です。
 はじめての方は勇気を持ってドアを開けてみて下さい。
 こじんまりとした店内はブリキのおもちゃや昭和のアイドルの写真、レコード等といった昭和レトロなグッズで埋め尽くされており、独特な雰囲気になっています。
 客席は、テーブル席とカウンター席になっていました。

biidoro 150712 04

場所 岩手県盛岡市青山1-14-7
電話 019-681-8175
営業 定休日 毎月第3日曜日
    営業時間 11時から19時(L.O 18:30)
駐車 お店の廻りに数台分(はみ出さないよう駐車を・・・、という注意書きがありました。)

ブログランキングに参加しています。
食欲増進に向けて「1日1回のクリック」にご協力願います。
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村