南部地方に伝わる各種工芸品や名物等をつくる工房が集まった施設。

 焼肉・冷麺を食べに近くまで来たので、盛岡名物のお茶餅を食べに立ち寄りました。
 写真は、「盛岡手づくり村」の入口にあたる盛岡地域地場産業振興センターの建物です。
 1階ホールには、展示即売室やレストラン等があり、2階には資料展示室等があります。
 とりあえず、ホールを通過し建物裏側にある工房へ向かいます。

tezukuri 150507 01

 先ほどの建物1階ホールを通り抜けると、各工房が連なる施設へ行く事ができます。

tezukuri 150507 02

 施設内にある工房は写真のとおり 【クリックすると拡大してご覧頂けます。】
 人気の工房は、やはり食べ物関係のようですね。

tezukuri 150507 03

 という事で、この日の一番人気は写真の「南部煎餅 盛岡せんべい店」さんのようでした。
 写真のように店舗の外までずらりと行列になっていました。
 自分でピーナッツ煎餅を焼くことができるのが人気のようですね。

tezukuri 150507 04

 そのお隣は、「駄菓子 金田一製菓」さん。
 窓越しに工房の中を見学することができますが、中ではおじさんが駄菓子をたくさん作っていました。

tezukuri 150507 05

 更にそのお隣が、お目当てのお店「和菓子 菓子工房」です。
 では、店内へ入って見ましょう。

tezukuri 150507 06

 ショーケースには、工房でつくった和菓子やお団子が販売されています。
 また、店内にも菓子類が多数展示販売されていました。

tezukuri 150507 07

 で・・・、購入したのは盛岡名物「お茶餅」1本120円です。
 平らに延ばしたお餅にクルミ醤油のタレが付けられている香ばしく美味しいお餅です。
 店内にあるセルフのお茶を飲みながら頂きました。

tezukuri 150507 08

 さて、食べ終わったので屋外展示の「南部曲り屋」を見学します。
 こちらの建物は、平成14年に旧柳原家の方が盛岡市に寄付されたという事で、大切に移築展示しているようです。
 茅葺屋根や外壁も綺麗な状態で保存されていますね。

tezukuri 150507 09

 建物の中は写真のとおりです。
 写真奥に見えるのはお土産物の売店で、竹製のスプーンを1個購入しました。

tezukuri 150507 10

 また、建物の中に上がる事もでき、この日はこけしの絵付けが行われていました。

tezukuri 150507 11

 さて、ひと通り見学したところで喉が渇いたので入口にあった大きな施設の1階ホールにある写真の「タルトタタン」でソフトクリームを食べる事にしました。

tezukuri 150507 12

 写真は、「塩レモンソフト」324円です。
 塩は風味付け程度、レモンのさわやかな風味が良い感じの美味しいソフトクリームでした。

tezukuri 150507 13

 こちらのポスターが目に入って・・・、ついつい購入してしまった。

tezukuri 150507 14

 写真は、手づくり村周辺の案内図です。 【クリックすると拡大してご覧頂けます。】

tezukuri 150507 15

場所 岩手県盛岡市繋字尾入野64-102
電話 019-689-2201(代表)
営業 定休日 年末年始
    営業時間 8時40分から17時まで
駐車 大きな駐車場があります。

ブログランキングに参加しています。
食欲増進に向けて「1日1回のクリック」にご協力願います。
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村