津軽ラーメン街道、10周年記念「ザ・メモリアル・フェスタ」第6弾に行ってきました。

 津軽ラーメン街道10周年記念イベントもいよいよ終盤の第6弾です。
 今回のお目当ては、「支那そばや店主 佐野 実 一周忌メモリアルイベント」です。
 以前、新横浜ラーメン博物館で佐野実が出店している支那そばやで醤油らぁ麺を食べた事があり、その次元の違う鮮烈な麺(パスタのような風味がある独特な麺)とスープ(すっきりストレートに旨味が感じられる味)の美味しさに驚いたのを覚えています。
 更に、製麺室で腕を組み厳しい表情で弟子に製麺技術を教育している、妥協を許さない姿も記憶に残っているところです。

 今回津軽ラーメン街道での出店は2月28日から3月29日迄の出店のようですが、週替わりで提供されるメモリアルラーメンも楽しみです。
 そして、ラーメンを提供するのは、以前津軽ラーメン街道に出店した事もある柊店主、平井氏。
 佐野実の下で修業した平井氏は、支那そばや本店協力のもと師匠佐野実をリスペクトしたラーメンを創作するようです。

 それでは、今回食べたラーメンです。
 写真は、「週替わりメモリアル : 中毒者続出 シビれる辛醤油らぁめん」880円です。
 麺は、中細ストレートで少し硬めの茹で加減。
 辛いスープに麺の風味が負けてしまっている感じで良く判りません。
 具材は、柔らかいチャーシュー、コリコリとした歯応えが残っているしなちく、海苔、ねぎ。
 スープのベースは、ガラ系と色んなエキスが感じられる醤油と背脂ですが、主役の辛さはラー油と大量の山椒。
 特に山椒の風味は全てに打ち勝ている感じで、激辛・・・舌びりびりの過激なお味でした。
 確かに、癖になりそうなお味ですね。

sano 150301 01

 こちらは、「特製醤油らぁめん」880円。
 ひと口スープを啜ると・・・、なんか落ち着く味ですね。
 特にうえのスープを飲んでからだと尚更そう思います。
 さて、麺は、うえと同じですが、こちらは小麦の風味が広がる良いお味です。
 具材は、薄く柔らかく大きいチャーシュー、こちらもコリコリ歯応えのあるしなちく、海苔、ねぎ。
 スープは、ガラベースでありながら甘味とコクのある味で実に美味しい。

 以前食べた味とは明らかに違うようですが、あれから味も進化しているのだろうと感じました。

sano 150301 02

 出店期間中提供されるメモリアルらーめんです。 【クリックすると拡大してご覧頂けます。】

sano 150301 03

 メニューは写真のとおり 【クリックすると拡大してご覧頂けます。】

sano 150301 04

 お店は、津軽ラーメン街道の一番奥にあります。

sano 150301 05

☆ 津軽ラーメン街道の目次 ☆

住所 青森県五所川原市大字唐笠柳字藤巻517-1 エルム街ショッピングセンター2階
営業 定休日  無休
    営業時間 11時から21時まで、季節により変更有り
駐車 ショッピングセンターの巨大な駐車場あり

ブログランキングに参加しています。
食欲増進に向けて「1日1回のクリック」にご協力願います。
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村