平成5年から続く、田んぼアート発祥の地


 平成24年からは2会場で田んぼアートが描かれていました。
 まず、第1会場の田舎館村展望台(田舎館村役場の天守閣)から見る事ができる田んぼアートです。
 第20回のテーマは、『悲母観音と不動明王』でした。
 今年も更に手が込んだ作品になっていますね。
 写真は、展望台正面に描かれた絵で、「悲母観音」です。

1341863986


 こちらは、「不動明王」です。
 写真では、細部まで見る事ができないと思いますが、実際肉眼で見ると細密で見応えありますね。

1341863980


 さて、色違いの稲がどんなものか、近くで見ると・・・。
 お~、白い葉をした稲や

1341863973


 赤い色の葉をした稲。

1341863964


 橙色など、色んな品種の稲があるんですね・・・不思議ですね。

1341863957


 今年から、田んぼアートは、2会場で開催されており、しかも、有料となりました。
 2会場共通券を購入すると、大人300円でした。
 第2会場は、写真の「道の駅」いなかだて・弥生の里の緑色の屋根をしたタワーのようなので、その様子は、後日掲載します。

1341863949


○関連掲載記事○
 2011.09.02 掲載 第19回 『竹取物語』
 2012.07.12 掲載 第20回 第1会場 『悲母観音と不動明王』
 2012.07.14 掲載 第20回 第2会場 『七福神とマジンガーZ』

場所 青森県南津軽郡田舎館村大字田舎舘字中辻123-1
電話 0172-58-2111
   田舎館村役場産業課

ブログランキングに参加しています。
食欲増進に向けて、「1日1回のクリック」にご協力願います。
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村