縄文時代後期の世界を見る


 秋田県鹿角市、十和田湖の南側に位置する場所に大湯環状列石は、中野堂、万座に所在する2つの環状列石を主体とする大規模な縄文時代後期(約4000年前)の遺跡。
 建物跡や不思議な石のサークルなどを見る事が出来ました。
 写真は、万座環状列石で全体を見渡せるステージから撮影、写真を繋げてみました。
 遺跡跡は、広大な敷地の中に点在しており、無料で見る事が出来ます。
 写真のように建物などは復元されており、当時を想像する事が出来ます。

1236522856


 見学できる遺跡は、万座環状列石、中野堂環状列石、環状配石遺構、5本柱建物跡、配石列、建物群、方形配石遺構、万座配石遺構群、中野堂配石遺構群など。

 遺跡の位置は、判りづらいので事前に地図を確認した方がよいでしょう。
 道路沿いに写真のような目印があります。       

1236522846


○関連掲載記事○
 2008.10.12 掲載 鹿角市 特別史跡 大湯環状列石
 2008.10.12 掲載 鹿角市 大湯ストーンサークル館
 2012.06.04 掲載 花輪SA(上り) : 複製オブジェのあるSA

場所 秋田県鹿角市十和田大湯字万座45番地
営業 屋外遺跡のため、自由見学可能
駐車 大湯ストーンサークル館前に大きな無料駐車場があります。

ブログランキングに参加しています。
食欲増進に向けて、「1日1回のクリック」にご協力願います。
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村