188室ある南相馬最大級の収容人員を誇るホテルでした。
 
 復興ホテルとは知らずに宿泊したので、かなりびっくりしました。
 でも、無料朝食は良かったですね。
 写真は初日に食べた「無料朝食」です。 
 宿泊客はガテン系がほとんどのため、朝食はしっかり食べられるようになっています。
 こちらの食堂は、社員食堂と同じシステムをとっており、トレーと箸を持って厨房窓口からおかずをもらい、テーブルに並べられている小鉢やおかずから好きな料理をとり、好きな席について頂くようになっています。
 ご飯とお味噌汁は、自由におかわりできるので、お腹いっぱい食べることができます。
komodoin 140306 01

 厨房窓口で盛り付けた料理です。
 半熟の目玉焼きに、野菜とお肉の煮もの、里芋とイカの煮もの。
 基本的に味付けは、濃い目になっているようです。
komodoin 140306 02

 テーブルに並べられていたおかずから、小鉢、納豆、味付きめかぶ、サラダ(ポテトサラダ、ブロッコリー、ミニトマト)、フルーツ(キューイフルーツとりんご)を選びました。
 これだけおかずがあると、ご飯2膳いけますね。
komodoin 140306 03

 こちらは、2日目の朝食です。
 さすがに2日目は少なめに取っています。
komodoin 140306 04

 メインは、こちらです。
 甘い卵焼きと、魚の甘酢揚げでした。
komodoin 140306 05

 こちらが、ホテルの管理棟兼食堂です。
 なんで管理棟と言うかは、下の写真を見てもらえばわかりますが、こちらのホテルの宿泊施設は、なんと・・・プレハブ構造になっています。
 え・・・、と一瞬言葉を失いましたが、快適とまではいかないまでも、セキュリティーはしっかりしており、女性でも安心して宿泊できるようになっていました。
komodoin 140306 06

 私が宿泊した建物です。
 て言うか、プレハブです。
 中央のドアを開けると、左右にドアがあり、この建物の左右に1部屋ずつ分かれた構造になっています。
 部屋の写真はありませんが、部屋の中は普通のビジネスホテルとまったく同じで、テーブル、椅子、ペット、ユニットバス・トイレ、冷暖房、衣装ロッカー、湯沸かし用電気ポット、ボディーソープ、シャンプーなどが完備されており、施設としては普通でした。
 注意点としては、ヘアドライヤーが無い事と、コンセントのある場所に鏡が無いので、両方持参した方が良いでしょう。
 室内は、プレハブという事もあり床・壁が冷えて寒かったですね。
 周辺は、住宅のみでコンビニが1軒あるだけなので、食事が終了するとテレビを見て寝るだけです。
komodoin 140306 07

 宿泊棟は、2階建のものもありました。
komodoin 140306 08

 しかし、凄い数ですね。
komodoin 140306 09

 いや~、良い経験ができました。

場所 福島県南相馬市鹿島区小池原畑31
電話 0244-26-5356
営業 無休
駐車 施設内にありました。

ブログランキングに参加しています。
食欲増進に向けて、「1日1回のクリック」にご協力願います。
にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村