東北食べ歩き

東北地域でラーメンを中心に美味しいものを食べ歩き、写真で記録しています。 セカンドステージを外しました。

東北食べ歩き イメージ画像
ようこそ、ごゆっくりご覧下さい。

更新情報

 縄文時代後期の世界を見る 秋田県鹿角市、十和田湖の南側に位置する場所に大湯環状列石は、中野堂、万座に所在する2つの環状列石を主体とする大規模な縄文時代後期(約4000年前)の遺跡。 建物跡や不思議な石のサークルなどを見る事が出来ました。 写真は、万座環
『鹿角市 特別史跡 大湯環状列石』の画像

 出土した遺物を見る事が出来ます 秋田県鹿角市に大湯環状列石や出土した遺物を見る事が出来る大湯ストーンサークル館があります。 施設は有料ですが、遺跡で発掘された貴重な品々を見る事が出来るとともに、史跡の説明をする模型などがあり、一見の価値はあります。 料
『鹿角市 大湯ストーンサークル館』の画像

 煮干の風味が超~刺激的 強烈煮干し出汁と自家製麺を売りにしたお店。 動物系と煮干出汁を合わせたスープは、魚粉も入れられているため、とことん魚介の味がします。 にぼし出汁特有の酸味もありました。 煮干好きには満足できる、スープの味ですが、ここまで煮干が強
『弘前市 強烈な煮干しの香り たかはし中華そば店』の画像

 お蕎麦屋さんの中華そば 市役所近くで、お蕎麦屋さんの看板を掲げたお店。 食べに行ったときは、昼時ということもあり、地元の皆さんが食べ来ていました。 お客さんの様子を見ると、ほとんどの方が「中華そば」か「チャーシュー」を注文しているようでした。 店内は、
『北秋田市 蕎麦屋の中華そば 福士そば屋』の画像

 とても気さくなおばさんの店 ジャンボ焼きそばを売りにしているお店。 写真は、「中華そば」で、しっかり魚の味がしますが、煮干のほかに様々な味が入り混じっている、こってりしたスープです。 しかし、煮干ラーメンにありがちな酸味は、抑えられています。 中太ちぢ
『平川市 焼そば屋さんの混濁ラーメン 味助』の画像

 十文字ラーメンのお店。 元祖十文字中華そばを看板に掲げたお店。 十文字ラーメンは、全体に軽い感じが特徴のため、普通盛では物足りない、ライスを付けるか、大盛にした方が良いかも。 魚介系のスープは、そばつゆみたいで油膜は無く、魚介系でありながら酸味は控えめ
『横手市 元祖 十文字ラーメン マルタマ』の画像

 「にぼし出汁」が売りのお店 お背の看板にも書かれている「にぼし」を売りにしているお店。 ご高齢の夫婦が営業しており、店内は極めて狭く、カウンターと小上りのみ。 お店は、写真のとおり住宅の奥にチョコンとある感じです。 住宅地の中にあり、特に看板も無いので
『大館市 老夫婦が営む にぼしラーメン 野沢野』の画像

 お店の売りは、つけ麺。 秋田県南、特に湯沢のラーメンはこってりしたスープが特徴的です。 やまがみラーメンのスープは、魚粉が特徴的な味を出しており、動物系の油膜も強いこってり醤油豚骨でした。 魚粉により魚の味を加えているためか、酸味が無く、逆に豚骨と脂の
『湯沢市 こってり魚介系 やまがみ』の画像

 立地が悪いのにお客が絶えないお店 お店のお勧めは「広東麺」ですが、この時は、写真の「ニラそば」を売り出していました。 スープは、鶏出汁・野菜ベースの醤油味で、見た目ほど辛くはありませんが、後から辛さがやてくる感じでした。 麺は、中太麺で、小麦粉からこだ
『大館市 お客が絶えないお店 桜木屋』の画像

 テーマは、「ラーメンルネッサンス」 五所川原街づくり株式会社が、青森におけるラーメン文化の新しい時代の幕開けとして、その使命と決意を込めて、「ラーメンルネッサンス」をテーマとし、全国有力ラーメンのフードテーマパークとして開設した、「津軽ラーメン街道」。
『五所川原市 ラーメンアミューズメント 津軽ラーメン街道』の画像

 手打ち中太麺とチャーシューが美味しい 魚介系が特徴の津軽ラーメンのお店。 にぼし出汁を基本に豚・鶏出汁を合わせたバランスの良い旨み。 煮干系でありがちな酸味は控えめです。麺は、細麺と手打ち中太麺が選べますが、写真は、手打ち中太麺です。 独特にもちもちと
『弘前市 津軽ラーメン マル真』の画像

 秋田風ちゃんぽん?のお店。 個性的なラーメンを提供する荒磯。 チャンポン系の具材ですが、コクのある海鮮ラーメンが特徴です。 スープは、味噌、塩、醤油の三種類あり、味により具材が微妙に違います。 ちなみに、写真は、「塩味」です。メニューは、味噌、塩、醤油
『秋田市 秋田風チャンポン 荒磯』の画像

 地元で獲れた新鮮な海の幸。 秋田県男鹿市の入道崎は、観光地としても有名。 その昔、菅江真澄も訪れた景色の綺麗な場所です。 写真は、入道崎の駐車場から撮影した景色です。 吸い込まれるような、広い海と空を一望でき、ここから見る夕日は格別のものがあります。 
『男鹿市 海鮮料理が美味しい お食事処 海陽』の画像

 じゅんさい直売所の中にある、お食事処。 森岳地区は、じゅんさいで有名な所、じゅんさいの館はその直売所です。 5月から7月までが旬で、旬の生じゅんさいはとても美味しい。 それと、もうひとつの楽しみが、お食事処かあさんでの食事です。 毎年、行われる「じゅん
『三種町 おにぎり定食 じゅんさいの館 お食事処かあさん』の画像

地域別に目次を整理しました。  青森県 ※下の中からお選び下さい。 弘前市 163店舗 上記以外の地区 116店舗 津軽百年食堂のモデル店10軒(全店舗) 青森県内の駅弁18品 岩手県 ※下の中からお選び下さい。 盛岡市 142店舗 花巻市 36店舗 上記
『目次 食べ歩き』の画像

 はじめまして、 tabasco_ka です。 お立ち寄り頂き、ありがとうございます。 東北各地を「ドライブ」「食べ歩き」をしています。 どうぞ、ごゆっくりご覧下さい。[お願いです。] 店舗情報は、記事を掲載した時点の情報となります。 また、営業時間などの記載事項は

 リンクはフリーですが、一言コメント頂ければ嬉しいです。 なお、画像を改編せず、出典を明記して頂けるのであれば転載はフリー(コメントを頂ければ嬉しいです。)と致しますが、画像に埋め込んでいるサイン(tabasco_ka)を削除するなど改編しての無断転載は、固くお断

各地の「ご当地ソフトクリーム」今迄食べ歩いた写真の目次  詳細を見る時は店名をクリック  各店舗〔42店舗〕で食べた商品を掲載 青森県内  12店舗写真左:青森市 青森県ぎょれん販売(アスパム) 2013.09.17 帆立5grrエキス入写真右:横浜町 道の駅よこはま 2014.05
『ご当地ソフトクリームの目次』の画像

↑このページのトップヘ